2023日記【325】境界と自由836

承前:

国内法ならいかに独裁政治であれ暴君であれ、決定すればいいだけの話だが、国際法はそういうわけにはいかない。米国も、条約改定の相手国が通常の決定方法を持たないことに疑義を感じたのだろう。明治新政府は天皇主権なので、政府もあいまい、議会はないという状況下でも、最低天皇の委任がなければ岩倉具視「全権」大使とはいえない。


いずれにせよ4ヶ月かけて副使が米大陸を横断し、太平洋を横断、往復したため、団員たちはワシントンに足止めになってしまった。久米邦武は有り余る時間を使って、米国憲法の翻訳に取り組んだ。

.

季節は移る#iPon

2023日記【325】境界と自由836_e0022344_12334671.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………


by kugayama2005 | 2023-11-23 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005