2023日記【330】境界と自由851

承前:

つまり、「生まれながらにして平等」「生命、自由、および幸福の追求を含む不可侵の権利」「新たな政府樹立」を米独立宣言は高らかに宣言するなかで、この部分は「(政府を軽々しい一時的な理由で改造すべきではないとする)思慮分別」も過去にありえたと書いているのだ。

.

福沢諭吉は混乱し「思慮分別」を「因循姑息」にしてしまい、暗礁に乗り上げた。久米や畠山も突然現れた「因循姑息」に驚いて福沢誤訳説を唱え、木戸孝允もそれを聞いて「福澤は西洋通を振りまくけれども、このような誤解、誤訳をして、これにより今日のような朝令暮改を招く結果になったのか」と嘆いてしまう。

.

この部分は性急な改革にならないよう、留保を加えた部分であって、久米や畠山が感動した「植民地(米国)が耐え忍んできた苦難」を暗示しているのだ。

.

さすがの木戸孝允は「この度我が国で幕府を倒して王政に復したのも全くこの通りの意味であって、決して破壊を目的とするような軽々しい振る舞いではなく、いわゆる耐え忍ぶことが出来なくなる事態に至ったために、これを断行したものである」と明言している。(『久米邦武 回想 岩倉使節団 木戸孝允とアメリカ憲法:『米欧回覧実記』に書いたこと、書かなかったこと』久米邦武著)

.

季節は移る#iPon

2023日記【330】境界と自由851_e0022344_15585693.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………


by kugayama2005 | 2023-11-28 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005