2023日記【334】境界と自由855

承前:

それで、後の自由民権運動や議会開設運動の人たちは、天皇が「広く会議を興し万機公論に決すべし」と神前に誓ったことがなぜ実行できないのか、と主張したわけで、実にもっともな話なのだ。

.

起草者の考えにあったのは、せいぜい福岡孝悌「盟約」にある「列侯会議を興し」のようなことで、国民参加の議会という意味ではない。

.

同じような現象は古く遡って「十七条憲法」(聖徳太子/604年)にもある。「五箇条の御誓文(1868年)」の原案をつくった諸氏は、当然「十七条憲法」も参考にしているはずだと思う。

.

季節は移る#iPon

2023日記【334】境界と自由855_e0022344_13113427.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………


by kugayama2005 | 2023-12-02 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005