2023日記【339】境界と自由860



承前:

「第90回帝国議会衆議院本会議/昭和21年8月24日」、帝国憲法改正案が上程され可決された。反対したのは社会党2名と共産党6名。その結果を受けて貴族院に送られた同改正案は一部再修正されて衆議院に回付、10月7日に成立した。貴族院と最終的な衆議院の採決は記名投票ではなかった(起立採決)ので、賛否の議員名はわからない。次回からの憲法改正は、すべて記名投票にすべきだと思う。

.

8月24日の衆議院本会議の冒頭、憲法改正案委員会の芦田均委員長は、委員会での討議内容を報告している。当然のことながら「主権在民」「戦争放棄」「基本的人権」などについて多くを割いているが、「労働/義務」についても次のように触れている。

.

「生活權の保障を規定する以上、他方に勞働の義務も規定することが至當であるとの意見に從つて、原案第二十五條に修正を加へて、「すべて國民は、勤勞の權利を有し、義務を負ふ。」としたのであります(「第90回帝国議会衆議院本会議/昭和21年8月24日」議録)。

.

季節は移る#iPon

2023日記【339】境界と自由860_e0022344_16264531.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………


by kugayama2005 | 2023-12-07 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005