2023日記【341】境界と自由862



承前:

この「北れい吉」衆議院議員(北一輝の弟で実名は「昤吉」と書く)は「日本は戰爭に負け、(再び国を)築き上げるには、全國民の勤勞精神に俟たなければならぬ、憲法に於て勤勞の權利と共に義務も規定すると云ふことは、私は洵に賢明なる考へ方であると思ひます」という。つまり、戦後復興のため、国民に勤労の義務を課そうというわけだ。

.

さらに北議員は「社會黨の方面から第二十五條の修正意見を出しまして」と本会議の議録に残してくれている。

.

労働者の盟主になろうとする「方面」と、全国民の勤労を義務化し「日本を築き上げる」方面が、まことに白日下で手を携えている。

.
季節は移る#iPon
2023日記【341】境界と自由862_e0022344_15014654.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………


by kugayama2005 | 2023-12-09 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005