2023日記【342】境界と自由863



承前:

「北れい吉」衆議院議員(実名は「昤吉」と書く)が北一輝の弟であることから、北一輝の「日本改造法案大綱」(1923<大正12>年)で「労働/義務」について書いてあることを転記する。表現を現代語にした。

.

「自由を忘れてただ観念的な平和に立脚した時代の社会主義的理想家は、国民に徴兵制のごとく労働強制を課そうと考えたことがあった。人生は労働のみによって生きるものではない。」(北一輝「日本改造法案大綱」5/「労働者の権利」の注)

.

北一輝は、自由という前提がある以上、労働の義務を課すのはおかしいと言っている。北一輝の「労働者の権利」の思想の根幹は「自由契約」にある。

.
季節は移る#iPon
2023日記【342】境界と自由863_e0022344_16135543.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

by kugayama2005 | 2023-12-10 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005