2023日記【344】境界と自由865


承前:

第90回帝国議会衆議院本会議(昭和21年)に憲法改正案が上程されたわけだが、まあ確かに天皇主権の憲法をそのままにしておくわけにはいかず、早々に改正しようというのはわかる。ただ、帝国憲法の改正で済ますのではなく、長時間かかっても将来的には新憲法を生み出す強い意思があってよかった。

.

国会での論議をもっと調べるには、委員会レベルでの応酬をみるべきだが、だいたいの傾向はわかるので、これ以上時間をかけたくないと思っていたら、格好の資料を見つけてしまった。次から以下の論文を参考にする。

.

   <参考>「あるべき国民」の再定義としての勤労の義務―日本国憲法上の義務に関する歴史的試論―/高瀬弘文/成蹊大学Review of Asian and Pacific Studies No.36

.
季節は移る#iPon
2023日記【344】境界と自由865_e0022344_16310607.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

by kugayama2005 | 2023-12-12 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005