2023日記【361】境界と自由882

承前:

オランダといえばゴッホとかフェルメール、人文系では「中世の秋」で知られてるホイジンガが思い浮かびます。特にホンジンガ「ホモルーデンス」は江戸後期の町民感にあっているような気がして、早々に開拓したいと思う。

.

季節は移る#iPon

2023日記【361】境界と自由882_e0022344_15093198.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………


Commented by aki at 2023-12-30 00:55 x
この様な書込大変失礼致します。日本も当事国となる台湾有事を前に 日本の国防を妨げる国内の反日の危険性が共有される事を願い書込ませて頂きます。

今や報道は無法国の代弁者となり、日本の国益は悪に印象操作し妨害、反日帰化の多い野党や中韓の悪事は報じない自由で日本人の知る権利を阻む異常な状態です。

世論誘導が生んだ民主党政権、中韓を利す為の超円高誘導で日本企業や経済は衰退する中、技術を韓国に渡さぬJAXAを恫喝し予算削減、3万もの機密漏洩など数知れぬ韓国への利益誘導の為に働きました。

メディアに踊らされあの反日政権を生み、当時の売国法や“身を切る改革”に未だ後遺症を残している事、今も隣国上げや文化破壊等、

日本弱体と利益誘導に励む勢力に二度と国を売らぬ様、各党の方向性を見極め、改憲始め国の成長と強化が重要で、しかし必要なのは、
日本人として誇りを取り戻し、世界一長く続く自国を守る意識だと多くの方に伝わる事を願います。
Commented by 久我山散人 at 2023-12-30 15:26 x
明朝はオランダに「澎湖島から出て行き、台湾にでも行け」という(1624年)。明治政府が台湾での日本人殺傷事件を非難すると清朝は「台湾は中華ではない(化外)ので清国に責任はない」(1873年)という。2023年、中国国家主席は「(台湾を)必ず統一する」という。「必ず統一」という中国語のニュアンスはわからないが、現にひとつでないものを、ひとつにすると読める。
by kugayama2005 | 2023-12-29 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(2)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005