2024日記【002】境界と自由885

承前:

さらに元禄は「奥の細道」の旅が、松尾芭蕉の時代を告げた。井原西鶴も俳人として出発したのだが、今日ではもう忘れられている。西鶴は都市住民が買って、あるいは貸本で読む本に注目し、一連の経済本を企画したのだろう。好色物に見切りをつけ、経済物に一躍道をひらく、なかなかの遣り手ともいえる。

.

季節は移る#iPon
2024日記【002】境界と自由885_e0022344_14521339.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Commented by トントン at 2024-01-02 23:07 x
こちらでもあけましておめでとう!
今年もよろしく・・だけど、息も絶え絶えのアップで、たまのよろしくになってしまいそうです。
それにしてもiPどれもいいよね。
Commented by 久我山散人 at 2024-01-05 14:14 x
トン姉、今年はどういう年なのかわかりませんが、きっと良い年だとは思えないのがつらいけど、ぼちぼちいきましょうw
by kugayama2005 | 2024-01-02 17:00 | Trackback | Comments(2)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005