2024日記【024】境界と自由905

承前:

それで「近代艶隠者」。これは西鶴の作とするひとと、西鶴作のように偽ったもと考えるひとがいる。しかし、西鶴自身が序文に「(西鶴の友人)西鷺軒橘泉がこれを書き残した」とはっきり書いているのだから、まずは本文は西鷺軒橘泉のものとすべきだ。

.

西鷺軒橘泉は法体で諸国を行脚して、五年ぶりに大坂に帰り、時雨に風が入り混じる夜、西鶴邸に現れた。面だちは皺に覆われ、灯火に照らされる。しかし西鶴は「声は聴き慣れた橘泉の声だ」という。

.

橘泉は、旅の間に間に書いたという原稿を西鶴に渡す。西鶴はその「あらましを書いた」原稿をみて、編集者魂が燃え上がったのだろう。おそらく、相当筆を入れたと思われるが、あくまで西鷺軒橘泉の作だ。

.
季節は移る#iPon
2024日記【024】境界と自由905_e0022344_14324609.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

by kugayama2005 | 2024-01-24 17:00 | 2024日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005