2024日記【025】境界と自由906

承前:

西鶴の作を多く偽作と考えるひとの中には、「好色一代男」以外はすべて偽作とする評者もいるらしい。

.

そこで私が暗察するに、「好色一代男」は、後に西鶴が俳句と決別したことに関係しているのだ。

.

1675年(延宝3) 亡妻追善の「独吟一日千句」

1677年(延宝5) 一日一夜1,600句独吟(西鶴大句数)

1680年(延宝8) 4,000句独吟(西鶴大矢数)

1684年(貞享1) 住吉神社の境内で一日一夜23,500句独吟

1688年(貞享5) 西鶴書簡「このごろの俳諧の風情、気に入り申さずゆえ、やめ申し候」(適宜翻訳)

※書簡に日付なく研究者(野間光辰)の推定した成立年

※この1688年、宝井其角が大坂の西鶴を訪問している

.

ー続く

.
季節は移る#iPon
2024日記【025】境界と自由906 _e0022344_14334124.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

by kugayama2005 | 2024-01-25 17:00 | 2024日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005