2024日記【039】境界と自由920

◼️ケンペル「江戸参府旅行日記」(元禄4〜5年)

ケンペルが綱吉将軍に謁見したのは元禄4(1691)年、元禄5(1692)年の2回。「生類憐みの令」は1687年頃から断続的に発令。元禄4(1691)年頃は「生類憐みの令」の充実期とも思われる。徳川綱吉/将軍宣下/1680年(延宝8年)なので将軍就任10年を超えている。

.

ケンペルは長崎から大坂、京都を経て江戸へ行ったが、それを2往復している。瀬戸内海は海路で、他は陸路を乗馬で移動する。遠国の大名行列にでも加わらない限り、そのような体験は難しいだろう。オランダ公使の江戸参府も、一種の大名行列だったと考えてもいい。

.

ケンペルは馬上でもメモを取り続けていた。

.

ー続く

.
季節は移る#iPon
2024日記【039】境界と自由920 _e0022344_19041333.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

by kugayama2005 | 2024-02-08 17:00 | 2024日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005