2024日記【048】境界と自由929

承前:

◼️芭蕉「嵯峨日記」※冒頭部分の抄訳/誤訳ある見込み

◼️元禄4年4月18日、嵯峨野を歩き、向井去来の別荘「落柿舎」に着いた。一緒に来ていた野沢凡兆は日が暮れてから京市内に帰った。私はしばらくの日々ここにとどまろうと、障子の破れを直したり、雑草を抜いたりして、片隅のひと部屋を寝室と決めた。机ひとつに硯、文庫には白氏文集、本朝一人一首、世継物語、源氏物語 、土佐日記、松葉集を置いた。また、唐の蒔絵が描かれている五重の器に、さまざまの菓子を盛り、名酒一壷に盃を添えた。夜具や小料理は、京市内から持ってきたのでじゅうぶんある。私は貧賎をわすれて清閑を楽しむ。

.

机や硯、白氏文集や源氏物語、蒔絵の器や菓子、名酒の壺盃、夜具に小料理、これは全部、豊かな向井去来の物なのだ。それを前提に芭蕉は「われ貧賎をわすれて清閑に楽しむ」と言う。4月22日には「うき我をさびしがらせよかんこ鳥」という自分の句を思い出し、また西行の「とふ人も思ひ絶えたる山里のさびしさなくば住み憂からまし」を玩味し、

◼️ひとり住まいほどおもしろきはなし

とうそぶく。松尾芭蕉という人の全体像はわかりにくい。また、落柿舎初日に一緒に来ていて夜帰った野沢凡兆は、この年の秋ごろには芭蕉と衝突してその後苦難の人生を歩むことになる。

↓ 渡月橋から落柿舎があったと思われる方面をのぞむ。GoogleMap

2024日記【048】境界と自由929_e0022344_04323037.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………


by kugayama2005 | 2024-02-17 17:00 | 2024日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005