2024日記【051】境界と自由932

承前:

ケンペルの記述にあるように、江戸以外では「生類憐れみの令」はあまり徹底してはいなかったようだ。もし知らずにオランダ人が犬に危害を加えたら、深刻な外交問題に発展するだろうに、だれも警告していなかったわけだ。

.

これはひとつは幕府の法令は主に江戸府内で徹底されたからで、各藩がそれに準拠するかどうかは場合によるからではないか。

.

同時期に幕府主導で「鉄砲改め」も実施された。必要以上に確保されている鉄砲を没収するという政策だが、生真面目に対応する藩もあれば、かなりいい加減な藩もあったようだ。生真面目に鉄砲を没収した藩では、害獣が山野に跋扈することになり、農作物が荒らされて幕府の政策に反対意見を具申したらしい。

.

どうやら「鉄砲を改め」や「生類憐れみの令」の背景には、意外な側面もあったという。

.

ー続く

.

季節は移る#iPon

2024日記【051】境界と自由932 _e0022344_14163072.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

by kugayama2005 | 2024-02-20 17:00 | 2024日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005