2024日記【054】境界と自由935

承前:

そういえば幡随院長兵衛(ばんずいいんちょうべえ)である。幡随院長兵衛とは何者か。「町奴」で、「旗本奴」の水野十郎左衛門に謀殺された。喧嘩が華の江戸の町人は、もちろん幡随院長兵衛の味方だ。

.

その幡随院長兵衛の手下で後継者に、唐犬権兵衛という男がいる。唐犬権兵衛は唐犬(西洋犬)2頭を踏みつけて殺したというのでその名があるが、1686年に鈴ヶ森で刑死している。1688年秋に元禄に改元されたので、元禄寸前だ。

.

犬殺し、というのはカブキ者(奴)の縁語なのかもしれない。町奴は派手ななりで江戸市内を遊弋し、旗本奴と衝突を繰り返した。実は旗本奴には水野十郎左衛門のように家柄の良い者も少なからずおり、幕府は対応に苦慮しただろう。

.

幡随院長兵衛や唐犬権兵衛、水野十郎左衛門は実在した人物だ。現実にカブキ者を取り締まる方法を模索して、犬殺しに厳罰を科す「生類憐れみの令」を策定したのだとすると、綱吉もなかなかの策士だ。

.

季節は移る#iPon

2024日記【054】境界と自由935_e0022344_14171563.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

by kugayama2005 | 2024-02-23 17:00 | 2024日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005