マクロな世界にこんにちは・・・

諏訪殿のマクロなクロッカス・・・マクロッカス?写真を見て、日曜日に撮った写真を思い出してアップします。なんせ日曜日は春の嵐めいた雨だったので外出せず、自宅内でちょっとレンズテストをしたのです。素材はキウイとイチゴ。撮影後すぐ酒のつまみになっちゃったのでありますが・・・。いずれも手持ちでいい加減に撮ったものです。三脚たててミラーアップすればもっとかっきり撮れるはず・・・

コンタックス・ゾナー180mmをテレマクロ的に使って撮影。うわ〜やっぱりピントの山は薄いけど、こってり写るもんだと感心しました。

マクロな世界にこんにちは・・・_e0022344_0501216.jpg


同じものを、キャノンお仕着せレンズ+マクロレンズで撮ったものです。ほらね、写りすぎて気持ちが悪くなりますよ。

マクロな世界にこんにちは・・・_e0022344_0513747.jpg


次の2点はお遊びですが、コンタックス・ゾナー180mmの先っぽに、クローズアップフィルターをつけて撮ったものです。わは〜〜〜。別世界というか宇宙ですね。まいったまいった。果物というよりもうジャムになっちゃってますね。

マクロな世界にこんにちは・・・_e0022344_0532582.jpg

マクロな世界にこんにちは・・・_e0022344_054180.jpg


次は、新規加入のCANON MACRO EF 100mm 2.8でデミタス・カップの表面を撮るとどうか・・・写る・・・こわい。
マクロな世界にこんにちは・・・_e0022344_6284552.jpg



さらにその先端にCLOSE-UP LENS 250Dを付けて・・・寄る・・・こわいレンズだ。
マクロな世界にこんにちは・・・_e0022344_636138.jpg
Commented by 諏訪ッチ at 2007-03-28 06:58 x
面白いな。私がやってみたかったことをやられてしまったけど。レンズの違いがよく分かります。
100mmMACROは容赦なく写ります。
Commented by lala_moonview at 2007-03-28 07:21
あっ^^^^^^^^^^^^♪
フンデルトヴァッサーみっけ!^^^^^^^^
今日は朝から演技がいいぞ!^^^^^^^^^^^^^^^
Commented by kugayama2005 at 2007-03-28 08:15
諏訪殿、レンズ比較は面白いっす。CANON MACRO EF 100mmは凄いっす。Sプラナーを買おうと思ったけど、こっちにしました。飛ぶ虫を撮りたいんで。
Commented by kugayama2005 at 2007-03-28 08:17
lala~~~^^^^^^はじめまして^^^^^^。。。。。良い演技。。。。。
Commented by 諏訪ッチ at 2007-03-28 20:58 x
今度は飛ぶ虫ですか!
飛び立つ瞬間は撮れそうだな。挑戦するか!
Commented by kugayama2005 at 2007-03-28 21:11
諏訪殿、早春のヒラタアブ類の飛翔はほんとうにいいです。しかし、ヒラタアブの幼虫はじつに醜いです。子どもの時、家の亀の池にいてびっくりしたことがあります。・・・そんな昆虫少年だったボクの夢は、虫を殺さないでその姿をとどめることです。虫の標本マニアは実に薄気味悪い連中です。鳥が好きで、鳥を何千何万と剥製にするヒトはいないと思いますが、昆虫マニアはそういうことをするのです。それだけでなく、良い状態の昆虫の標本をつくる目的で、蝶を自家養殖をするのです。・・・そういう連中が「自然との共生」とか言うので、ボクはゾッとしました。・・・ま、それはともかくとして先々週あたりちょっと写したので習作をアップしときます。
Commented by kugayama2005 at 2007-03-28 21:27
諏訪殿、失礼しました。1、2コマはちゃんと虫の飛翔が写っているつもりでしたが、見られものはありませんでしたのでアップしません。羽ばたきの回転数は鳥の比じゃありませんねえ。ぶれまくってました。次回がんばります。
Commented by 諏訪ッチ at 2007-03-28 22:27 x
久我山散人さんへ
同感です!自分が殺してしまった虫をそばに置いて、見て楽しむなんて事は私には出来ません。
自然の中で小さいながら懸命に生きているのを見るのが楽しいのだと思いますよ。

今、頭の中でシュミレーションをしていたとこですが、虫の飛翔の撮影は、これは難しい!
マクロレンズで、狙いを定めた花に三脚でひたすらに待ち、シャッタースピード優先で5000以上にして、ISOを800にして、絞りは開放2.8で、う~んこれでも無理かな。
Commented by kugayama2005 at 2007-03-29 05:36
諏訪殿、昨夜は昆虫少年になってしまいました。ははは。
撮影は・・・おお5000分の一があるのはうらやましい。
とりあえず練習ですから磯1600で・・・(笑)・・・三脚も役に立たないですよ。で、被写体はひたすら花に来るアブです。そちらではまだアブは出てきていませんか?
アブがホバリングしているところを写すのです。
夏になればのんびり飛んでいる虫も出て来るのではと・・・淡い期待を。
オオスカシバがクチナシの花に来てホバリングしているのを撮るのが夢です。
Commented by 諏訪ッチ at 2007-03-29 22:10 x
EOS20Dは8000分の1まであるのですよ。
それであんなに鳥がぶれるか?情けない。
昆虫図鑑買ってこよう!
(散人さんの昆虫少年の話は知っておりましたよ。フフフ)
Commented by kugayama2005 at 2007-03-30 06:25
昆虫が難しいのは幼虫とさなぎの時期があるので、それを記憶することです。鳥の夏羽、冬羽、婚姻色なんかより難しいですよね。だってまったく姿が違うんですから。・・・・・・は〜勉強もせずに武蔵野の林を歩いた少年散人でしたが、虫の記憶はこれからでもよみがえるのでしょうか。

8000分の一秒〜裏山鹿です。それでブレるのはたしかに・・・^^。
by kugayama2005 | 2007-03-28 00:54 | ■イメージ保管庫 | Trackback | Comments(11)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005