台風の過ぎた多摩川・・・

嵐のなかでとても多くの命がおわり、そしてしかし、また次の命を次ぐものが、命を次いでいくんですね。たくさんのカニが河川敷で行き場を失っていました。
台風の過ぎた多摩川・・・_e0022344_12542030.jpg

台風の過ぎた多摩川・・・_e0022344_1255394.jpg

台風の過ぎた多摩川・・・_e0022344_12575192.jpg

台風の過ぎた多摩川・・・_e0022344_12583038.jpg

マルクス兄弟(カール・マルクスじゃなくてお笑い映画のマルクスですよ)みたいなヘラシギ?
台風の過ぎた多摩川・・・_e0022344_1259320.jpg

セイタカシギは無事嵐を乗り越えたようです。
台風の過ぎた多摩川・・・_e0022344_12595018.jpg

台風の過ぎた多摩川・・・_e0022344_1303623.jpg

ヒト、イヌとたくさんのカニの足跡。
台風の過ぎた多摩川・・・_e0022344_1313512.jpg

Commented by 諏訪ッチ at 2007-09-10 21:11 x
このアップ見過ごした!
蟹の行進面白いな~戦車が水中を進軍しているようだ。
散人さんは、よくこんな面白い場面に出くわしますね。

車山の写真談義では、やはり散人さんが主役でしたよ。
くしゃみが出ません出したか?
Commented by kugayama2005 at 2007-09-11 03:22
諏訪殿、くしゃみは今日出ました。・・・写真ですけど今週はちょっとうまく撮れません。しょせんは光量不足でしょうか。2.9とかのレンズをうらやむのみです。・・・カニ、増水にともなって河川敷一帯に上がって来たので、水が引くと困っていましたが、みんないっせいに川のある方に歩いて行くのは壮観です。よく方向がわかるものと思います。
by kugayama2005 | 2007-09-08 13:10 | こげこげチャリ坊【輪行メモ】 | Trackback | Comments(2)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005