Carl Zeiss Diascopeで撮ってみる東京湾岸ニュース//tkwns//(21)【バードランドのチャーリー・ボウ228】

鳥撮りも2年を越えて、最近なぜか鳥にはスピリチュアルなものを感じるのです。鳥類は現存する恐竜の直接の子孫です。恐竜は、全地球的アクシデントによって滅びたとされていますが、その繁栄はまさに地球の帝王のごときもので、ほ乳類は恐竜の目を盗んでちょろちょろ生きてきたに過ぎない。鳥類に与えられた使命は、恐竜世界を再興し、ふたたび地球の帝王になることである。そのために、今しばらくはパタパタと飛び、ちゅんちゅんとさえずって暮らしているに過ぎません。

表題と違って、キャノンの100mmマクロでの撮影。今日は百合ちゃん特集です!

Carl Zeiss Diascopeで撮ってみる東京湾岸ニュース//tkwns//(21)【バードランドのチャーリー・ボウ228】_e0022344_1571219.jpg

Carl Zeiss Diascopeで撮ってみる東京湾岸ニュース//tkwns//(21)【バードランドのチャーリー・ボウ228】_e0022344_1574574.jpg

Carl Zeiss Diascopeで撮ってみる東京湾岸ニュース//tkwns//(21)【バードランドのチャーリー・ボウ228】_e0022344_1581192.jpg

Carl Zeiss Diascopeで撮ってみる東京湾岸ニュース//tkwns//(21)【バードランドのチャーリー・ボウ228】_e0022344_1583457.jpg

Carl Zeiss Diascopeで撮ってみる東京湾岸ニュース//tkwns//(21)【バードランドのチャーリー・ボウ228】_e0022344_158571.jpg

Carl Zeiss Diascopeで撮ってみる東京湾岸ニュース//tkwns//(21)【バードランドのチャーリー・ボウ228】_e0022344_1594038.jpg

Carl Zeiss Diascopeで撮ってみる東京湾岸ニュース//tkwns//(21)【バードランドのチャーリー・ボウ228】_e0022344_1510171.jpg

Carl Zeiss Diascopeで撮ってみる東京湾岸ニュース//tkwns//(21)【バードランドのチャーリー・ボウ228】_e0022344_15105894.jpg

Carl Zeiss Diascopeで撮ってみる東京湾岸ニュース//tkwns//(21)【バードランドのチャーリー・ボウ228】_e0022344_15112120.jpg

Carl Zeiss Diascopeで撮ってみる東京湾岸ニュース//tkwns//(21)【バードランドのチャーリー・ボウ228】_e0022344_15114542.jpg

Carl Zeiss Diascopeで撮ってみる東京湾岸ニュース//tkwns//(21)【バードランドのチャーリー・ボウ228】_e0022344_15121686.jpg


Carl Zeiss Diascopeで撮ってみる東京湾岸ニュース//tkwns//(21)【バードランドのチャーリー・ボウ228】_e0022344_153174.jpg

Carl Zeiss Diascopeで撮ってみる東京湾岸ニュース//tkwns//(21)【バードランドのチャーリー・ボウ228】_e0022344_15315295.jpg

Commented by mariko-sugita at 2008-11-30 04:14
なんで・・・こんなに青くて・・・白くて・・・赤いのでしょう♡
師匠もたまには・・・
青くなったり白くなったり赤くなったりするのかな。(うふっ♪ 赤は・・・わかる!)
Commented by ekoekolove at 2008-11-30 04:58
あ、まりこさん発見。
久我山のおぢさんの血管にアルコールを注入すると赤くなります。
更に注入すると白くなります。
次にご不浄から出て来ると青くなっています。

トリコロールおぢさんの出来上がり(´∀`*)ウフフ
Commented by カンカン at 2008-11-30 06:49 x
くちばしと足の赤さに驚きです。
私は鳥にはまだそんな思いは無いけれど、写真を見て目がかわいいなと思うようになりました。高原で聞く鳴き声とか好きですけれど・・
都会でもみじかな生き物だと、写真を撮るようになって気づきました。
カメラは何かいろいろ気づかせてくれますね。
自然と共生していると感じます。
Commented by kugayama2005 at 2008-11-30 07:20
マリ子さん、赤いのは赤いからですが、水が青いのは、空の青が反射しているのです。ここでこうとると背景がこうなる、という計算です。ちなみに海が青いのは空が反射しているのではなく、赤系の長い波長の光線が深い水で減退するかららしいです。
Commented by kugayama2005 at 2008-11-30 07:22
繪子やん、今朝起きたらあちこちに酒の飲みかけがありました。本読みながら飲んでいたので、わけがわからん。
Commented by kugayama2005 at 2008-11-30 07:23
カンカンさん、ボクも野生の鳥をあんまり間近にみたことなかったので、こうやって写真に撮ってみて、鳥は心をもっているということに気づいたのです。
Commented by ekoekolove at 2008-11-30 07:54
徘徊だっ~~~>'))))彡
Commented by 諏訪ッチ at 2008-11-30 08:56 x
100mmマクロで鳥を撮った事はなかったのですが、この抜けの良さは良いですね。こんな風に撮れるのか。
帰ってきた私もカモや白鳥で試してみましょう。
Commented by ekoekolove at 2008-11-30 11:46
って、ことは、これは海ぢゃないの?
Commented by kugayama2005 at 2008-11-30 13:54
諏訪殿、なるほど、求めるところがちょっと違うのが面白いですね。ボクからすると、これは「抜け過ぎ」に見えるのです。今日、キャノン100mmマクロをヨーロッパ風に使う!、っていう面倒くさいことをしてみましたのでご覧ください。
Commented by kugayama2005 at 2008-11-30 13:56
繪子、ここは海です。海だけど京浜運河だからね。深いほんとの海ぢゃないよ。
Commented by トントン at 2008-12-01 00:20 x
ユリちゃん・・まるで絵のよう。色といい、撫でるように描いた日本画のように綺麗。羽を広げた影もいい!!散人さんと御そろいの赤いもみじも綺麗・・・
Commented by kugayama2005 at 2008-12-01 08:16
トン姉、そうか日本画の知識がないのでわからなかったが、日本画って意外と写実的だっていうことだね、逆に言うとね。平凡、というか、珍鳥じゃなくてよくいる鳥も見てみるとまだまだ興味は尽きない。
Commented by トントン at 2008-12-01 22:01 x
正確にいうと、日本画と洋画の境目がなくなっているというけれど・・それは別にして・・・
写実的というより、無駄が省かれていながら丁寧に描かれているようなという感じでしょうか
by kugayama2005 | 2008-11-29 15:13 | バードランド | Trackback | Comments(14)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005