2018年 04月 12日 ( 2 )

【第787夜】


ずいぶん広い講堂、少なくとも500人は席があるところで何か判例のおさらいがある。席が指定されていて、近くの席に数十年前のクラスメイトがやってきた。以前はたしかに美人だったが、今はふつうのおばさんといったところ。講師がうろうろしながら、糊がないかな、とおっしゃるのでそれらしきスチール棚をみると、すでに野の草に覆われて土に還ろうとしている有様。教務課に電話して、糊ないかな、寿司に巻く海苔じゃないよと言えば持ってきてくれるかも知れない、と思う。


e0022344_05512552.jpg

e0022344_05514171.jpg


by kugayama2005 | 2018-04-12 18:08 | 夢千夜一夜 | Trackback | Comments(0)

【第786夜】


話しかけてくる見知らぬ男が、さっきコンテンツで食うとおっしゃったがそれは難しいのではと思いますが、と言うので、ゆっくり関係を金融に換えて引き伸ばすことですよ大英帝国がやったように、あなたも日本の対外資産がどのくらいあるかはご存知と思いますが、とは言ったが、世界統一をめざす人工知能がもう自生しているとすると危ういもんだと思ってさびしくなった。


e0022344_16100735.jpg

e0022344_16102481.jpg


by kugayama2005 | 2018-04-12 06:09 | 夢千夜一夜 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005