2018年 04月 16日 ( 1 )

【第794夜】


純白の壁。和風。明るい三畳に寝転がって本を読んでいると、国会議員秘書の女性がやって来て、ここに住んでいらっしゃるわけ?、と聞いてくる。飯倉片町だから国会も近いので、散歩がてらに来たのだろう。ガラス器に入っていた透明な干菓子を見つけて勝手に取り出し、これ頂けるかしら、と言って見つめる。今どこにいるの、と聞くと、名刺をくれるが、透明なアクリルで中央がレンズのように盛り上がっており、横から見ると美しい。食事にでも呼び出したりしたら楽しいかもしれないと思う。


【写真】エゾリス


e0022344_19380392.jpeg




by kugayama2005 | 2018-04-16 19:39 | 夢千夜一夜 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005