2018年 06月 11日 ( 2 )

【第916夜】


核兵器開発某国のものとみられる飛行体が2機、狭い場所に着地しようとしている。われわれは、比叡山延暦寺の供養塔に隠れた。苔むした石の柱に寄って見ていると、飛行体がホバリングして近づいてくる。参道に迎撃派とみられる2人の男が、ミニ戦車に乗って突入してきて、何やら意味不明のスローガンらしきことを叫ぶ。彼らは着陸した飛行体にドリルで穴を開けると、長剣を振りかざしてミニ戦車から躍り出てくる。われわれは延暦寺の供養塔を押し出して盾にし、この戦闘を眺めている。


【写真】solitude binarystar TOKYO


e0022344_15321241.jpg

by kugayama2005 | 2018-06-11 18:01 | 夢千夜一夜 | Trackback | Comments(0)

【第915夜】

仕事に行くと、席に小柄な美女が座っていたが、すぐ気づいてくれて横の小さな木の椅子に移る。椅子はたくさん余っているので、探して来たら?と言うと探しにいく。周囲の女性が、仕事もないのに何しに来たのかしらとヒソヒソ話している。


【写真】solitude binarystar TOKYO


e0022344_15361319.jpg

by kugayama2005 | 2018-06-11 07:02 | 夢千夜一夜 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005