2018年 07月 18日 ( 1 )

【第969夜】

あ、ここだ、と気づいた。地図ではちらと見ていたが、そこまで暗渠になっていた川が最後の数百メートル、海に注ぐ下流だけ地上に現れるのだ。39階の部屋から、初めてその姿を見つけた。砂丘の向こう側で、海の白波がそそり立っている。


【写真】水べのまち


e0022344_10052023.jpg

by kugayama2005 | 2018-07-18 06:04 | 夢千夜一夜 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005