2018年 10月 25日 ( 1 )

琉球王朝時代の「おもろさうし」に、日本のことを「京・鎌倉」と表現している箇所があり、以前から不思議の感をもっていた。


鎌倉幕府は1333年に終わっている。琉球王朝は1429年からで、そのころ鎌倉はさびれた田舎町でしかない。「おもろさうし」に収録された内容が、百年以上口承によって伝わってきたものなのだろうか。


あるいは、日本の成り立ちについては、京に都があり鎌倉に武家政権があるという認識で、鎌倉時代が終わっている琉球王朝時代にもそれが保持されていたのだろうか。


琉球王朝(首里を首都とした統一王朝)以前の沖縄は、グスク(城)時代と言って群雄割拠の状態だった。北部の今帰仁(なきじん)城などは一大勢力で、明と交易をしていた。明へだけではなく、広くアジアを航海していたので多くの知見を持っていた。


【写真】那覇の秋/SONY DSC-RX0


e0022344_14384254.jpg

by kugayama2005 | 2018-10-25 04:04 | 2018日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005