2018年 11月 22日 ( 1 )

主に文献の分析に特徴があるジェインズに比べて、スティーヴン・ミズンは現場の発掘調査などを通じて、認知考古学を探求してきた。


参考にあげた著作、スティーヴン・ミズン「心の先史時代」<Steven Mithen:The Prehistory Of The Mind

(1996)>は、ジュリアン・ジェインズ「神々の沈黙」より20年新しい。この20年の新しい知見を反映できているわけだ。


【参考】ジュリアン・ジェインズ「神々の沈黙」<Julian Jaynes:The Origin of Consciousness in the Breakdown of the Bicameral Mind(1976)>、スティーヴン・ミズン「心の先史時代」<Steven Mithen:The Prehistory Of The Mind

(1996)>


【写真】海岸から名護への秋/SONY DSC-RX0

  西海岸沿いにある「県民の森」、一度行ってみたいと思ってはいるが、ハブが怖いぞ。地元のヒトによると、ハブは怖くないというが。


e0022344_18132740.jpg

by kugayama2005 | 2018-11-22 05:28 | 2018日記 | Trackback | Comments(2)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005