2018年 11月 23日 ( 1 )

ミズンの「農業化」論も、氷河期の終わりにあった「気候の揺らぎ」(乾燥化など)に対応し、南西アジアで農業化の端緒が開かれた点に注目している。


そして「定住化・農業化」への「引き返し不能地点」を過ぎると、


1 人口増加が起きる

1 食糧生産の水準を上げざるをえなくなる


という状況が何段階にも関係し合って、本格的な農業化に至るという。


【参考】ジュリアン・ジェインズ「神々の沈黙」<Julian Jaynes:The Origin of Consciousness in the Breakdown of the Bicameral Mind(1976)>、スティーヴン・ミズン「心の先史時代」<Steven Mithen:The Prehistory Of The Mind

(1996)>


【写真】海岸から名護への秋/SONY DSC-RX0

e0022344_17092971.jpg

by kugayama2005 | 2018-11-23 00:43 | 2018日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005