2018年 11月 30日 ( 1 )

注目すべきは、「農業化」に先進地域(南西アジアや中国大陸など)より数千年遅く到達したので、たかだか千年間ほどで「連合家族」(縄文)の時代が、「水田、種苗、水利、暦」(+鉄器)の時代に変幻してしまった。


ジュリアン・ジェインズや、スティーヴン・ミズンによって指摘されたことを踏まえれば、この時期のニンゲンは経済基盤の変遷に並行して、心的動揺にさらされたということになる。その結果、自然の声を聞いていたニンゲンに自然の声が聞こえなくなり、その代わりに「水田稲作イデオロギー」に支配されたのではないか。


【写真】那覇市「ゆいレール」から首里城を遠望/SONY DSC-RX0


e0022344_13584901.jpg

by kugayama2005 | 2018-11-30 01:18 | 2018日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005