2019年 01月 14日 ( 1 )

さて、やっとこのあたりで、「農業化(左脳化)」と「法」という当初の目論見に近づいたのですが (笑


瀧川政次郎先生は、「天皇の統治権の絶対無限性」という思想が、唐制(唐の法律)と同時に入ってきたが、


1 大化改新以前は、大臣・大連が権力をほしいままにし、天皇の統治権を有名無実と化した


2 大化改新以後の摂政・関白は、大臣・大連の復活である


3 天皇のご隠居である太上天皇が、皇族の家長として天皇の統治権を制限した


というのが実情であり、「天皇の統治権の絶対無限性」というのは「ただ単に輸入された思想でしかなかった」と記している(日本法制史)。


つまり、「上古の族長国家の旧態」と、「国際標準(唐制)」とがぶつかり合う時代だ。


そういう視点で見ると、京極・斉明ー天智ー天武ー持統は、国際標準を求める一本の線になるのだが。


【写真】富山城/SONY DSC-RX0

城ファンではないのですが、勢いで。富山城は、高岡城とともに前田家の支城です。


e0022344_07182566.jpg










by kugayama2005 | 2019-01-14 00:24 | 2019日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005