2019年 01月 27日 ( 1 )

当時、「私たちは日本人だ」と思っていた人は皆無に近いと思いますが、日本という国号を定め、成文法を公布した。天皇主権と、国土・国民が(国に二君なく、民に二主なし)明らかにされたわけです。


国号=「日本」は、「倭」ではないという意味です、私見、白村江の戦いで、実戦部隊を出した九州連合は、衰退したのです。そこで本来、大陸側からみた北九州連合の呼称である「倭」の自称をやめて、朝廷中心の国は「日本」であると宣言した。


702年の遣唐使が大陸に到着しまして、ここは唐のどこだろう?、ということで地元の役人に聞きました。


遣唐使 ここどこやねん?

中国人 周の楚州塩城県でござる。

遣唐使 わて唐に来たんやで、なんで周なんや?

中国人 則天武后(武則天)いうオバハンが皇帝になって国名変えたでござる。

遣唐使 ご苦労なこって。あてらのとこも持統ってオバハンが孫に譲位はしても太上天皇やとか・・・(あまり言わんとこ)。

中国人 ところでお主は東の海にあるという「大倭国」から来た使者でござろう。

遣唐使 ちゃうで、倭国やない、「日本」やで


ということで、日本側は唐に来たつもりが周に来たことになった。


中国側も混乱し、いろいろ考えた、


1 倭とは別の日本て国があるのか?

2 倭とは別の小さい日本という国があって、日本が倭を併合したのではないか?

3 倭という字を嫌って、日本にしたのではないか?


が、結論は出ずに両論併記にした。


663年の白村江の戦い以来、戦後処理の往来はあったが、平和裏での外交団派遣は久々だった。701年に大宝律令を制定し、いよいよ普通の国になった「日本」だったわけで、則天武后にも会って褒められなどした。


【写真】富山地方鉄道(立山線)SONY DSC-RX0

私は鉄道ファンではありませんが、勢いで。


e0022344_19300606.jpg

e0022344_19303873.jpg










by kugayama2005 | 2019-01-27 00:30 | 2019日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005