2019年 03月 29日 ( 1 )

◾️神武東征がなぜ「帰還」なのか?


私は、神武天皇の祖先が日向に到達し、その地を放棄するまでの間は、長くなかったと推察する。例えば100年くらい。


畿内ヤマト建国後、高千穂など天孫降臨に関係あるとされる地に対して、あまり関心が払われていないのが不思議だ。日本書紀編さん前に存在した、ばらばらで不確かな口承に対しては、それほど共感を持ちえなかったのではないか。


つまり、神話発生の具体的な土地、日向についての執着が、希薄なのだ。


それに反して、吉野、宇陀、伊勢一帯の地の高度な神聖化がある。それらの地は、神武帰還後の、真の神話性の揺籃場所なのだろう。


おそらく、神武天皇以前の畿内不在期間を、神代の説話で埋め、神性の根拠を求めた。


【写真】春のミサゴン劇場

 EOS 5DS R/EF400mm F5.6L USM


e0022344_08445095.jpg

e0022344_08450438.jpg












by kugayama2005 | 2019-03-29 01:22 | 2019日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005