2019年 04月 04日 ( 1 )

◾️神武東征がなぜ「帰還」なのか? 7


日向で脱九州を企図していた時、長老・塩土翁(しおつつのおじ)が言ったこと、塩土爺が神武に教えただろうことを思い出そう。


1 「東に良い土地がある。この国の中心地である」


→少なくとも東北から九州までの地理を理解していないと、畿内が中心だという認識は生まれない。


2 「その土地に、ニギハヤヒという者が天の磐舟(あまのいわふね)に乗って飛び降ってきたのだ」


→ニギハヤヒは、天孫系神話とは関係のない人物だ。

→天の磐舟は、頑丈な快速船という意味だろう。「コズミック・ロック号」である。


3 「その地を都とすべきだ」


→都とすべき土地を、比較検討していたということ。比較検討された他の地は、出雲、北九州、吉備、畿内である。

→出雲、北九州は渡来人の流入も多く、国々が拮抗していて、圧迫されてしまう。

→吉備はすでに出雲系の大国になっていて、介入できない。


ところで、長老・塩土翁(しおつつのおじ)が知っていた、あるいは同一人物の、「コズミック・ロック号」船長ニギハヤヒとは?


【写真】ミサゴン劇場

 EOS 5DS R/EF400mm F5.6L USM


e0022344_18140153.jpg

e0022344_18141319.jpg











by kugayama2005 | 2019-04-04 01:00 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005