2019年 04月 30日 ( 1 )

◾️呪から法


列島に長く存在した「玉」への信仰に、金属器が加わったのが、天孫の創成期だったのは興味深い。


銅製品(銅鐸・銅矛)は、組織的な水田稲作と並存して輸入されたのだろう。しかし、実用性に欠けるので消滅。一方、銅鏡は、ヒミコの趣味に合致したことをみても、女性に好まれて蒐集品として残った。(岩屋に隠れたアマテラスの興味を引くためにも大量の銅鏡が使われた)


大陸の銅製品は、本来、呪力を発揮するものなのだが、列島ではさっぱりその意味が解されず、ほぼ同時期に現れた鉄器の実用性に注目が集まる。


高天原では銅鏡を祀っていたが、下界は鉄器の時代になっていた。大型の墳丘の造成には、鉄器が不可欠ではないか。そういう意味では、現代もまだ鉄器時代の真っ只中と言える。


さて、またスサノオに戻る。自分の子をアマテラスに押し付けて天孫の後継者となし、はじめて姉に勝つことができたスサノオは、大暴れをする。


春には姉アマテラスの神田に「シキマキ」をした(シキマキとは田畑の所有者が種まきをした後を覆土し、自前の種をまいて横領すること)


姉の田の水路を埋め、畦を壊して、水田の機能を破壊


秋には馬を田に乗り入れて、収穫物をめちゃくちゃにしたり、横領をした


姉アマテラスが新嘗祭を行なっている部屋にウンコをした


姉アマテラスが神聖な機織り部屋に行ったので、馬の生皮を投げつけた


このようなスサノオを、アマテラスでさえ呪力で制することができなかった。タカマガハラでは、そのような事態が想定されていなかった。


おそらく日本の古代法制の教科書には欠かさず登場する、罪と罰の誕生なので興味は尽きないが、マックス・ヴェーバーは、


◾️家長の懲罰権の及ぶ家支配の内部では「刑法」は存在しえない


と説いているようだけど、ヴェーバーの言ってることは平凡かもしれないが、


スサノオの、「姉の水田を破壊し、収穫物を蹂躙する他」の行為に対して、家長アマテラスの懲罰権が及ばなかった、という事実は、アマテラスのみならずタカマガハラを震撼させる大事件だったのだ。したがって、神々(タカマガハラ支持の有力者)は、スサノオに罪を着せ、贖罪させ、ヒゲと手足の爪を抜き、根の国のさらに外に重追放としなければならなかった。つまり、タカマガハラが普通の国になった瞬間だ。


これら罪については、「大祓(おおはらえ)」に細部が示されているので、実はある時、「字で読むのではなく実際の大祓を聴いてみよう」と思って、さる格式の高い大祓を聴いてびっくりしてしまった。すっぽりとその罪の部分を無視しているのだ。


【写真】春の花ばな/OLYMPUS PEN-F/LEITZ CANADA SUMMICRON-R 90mm F2


e0022344_07341638.jpg












by kugayama2005 | 2019-04-30 05:17 | 2019日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005