2019年 05月 14日 ( 1 )

有名な「日出處天子致書日没處天子無恙云云」(日の出でる所の天子、日の没する所の天子に書を致す、つつがなきや、しかじか)は、小野妹子1回目の遣隋使の時のことと言われている。


実は、隋は初代皇帝は文帝だが、遣隋使の時は、文帝はすでに亡くなり、皇帝は息子の煬帝になっていた。それを日本側は知らなかったので、賢帝といわれる文帝を必要以上に称揚する表現になってしまい、煬帝は父へのコンプレックスも手伝って、激怒したのではないか。


しかし、それとは別に、「日出處天子」を聖徳太子だとすると、それでは推古天皇とは何だったのかということになる。


【写真】SUMMILUX 1:1.4/50 LEIZ WETZLAR/春の花ばな/OLYMPUS PEN-F

e0022344_18393615.jpg













by kugayama2005 | 2019-05-14 00:11 | 2019日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005