2019年 07月 22日 ( 1 )

◾️秦の中国統一から疎外されて亡命した秦人  紀元前200


が、ある程度まとまった帰化渡来人の初めなのではないか?


そのころ、列島で古墳時代が始まる。古墳時代とは、現在目にするものが古墳だからそう言うのであって、その背景は土木工事と工作機械だ。土木工事と工作機械はそもそも墓造りのためにあるのではなく、産業基盤であり、水田稲作が飛躍的に大型化したのだろう。


秦の始皇帝の圧政を嫌って逃亡したとして、その圧政とは


焚書坑儒(儒教などの本を燃やし、儒者を生き埋めにして殺す)


というような思想統制もあるが、


首都造営、道路・運河の整備、万里の長城建設


などの全土に及ぶ公共事業、果ては皇帝の墓にするための兵馬俑建設など、現実的な(労働力供出を含む)税負担が、すさまじいことになっていたはずだ。


それに耐えかねて列島に逃亡した人々(地方官僚や知識人)も、実は(始皇帝と同じ)公共事業好きであり、道教信奉者だった!、とすれば、


高松塚古墳など後期の古墳の壁画にも、明らかに道教思想の強い影響が見られると言われているので、紀元前200年から1,000年間近く、列島には純度の高い道教集団がいたことになる。


【写真】山形線(山形米沢)SONY DSC-RX0


e0022344_14151333.jpg

e0022344_14155265.jpg












by kugayama2005 | 2019-07-22 12:01 | 2019日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005