2019年 07月 30日 ( 1 )

<承前>

◾️陶弘景「真誥」の夷訳


◾️少女神女(13歳くらい)が降臨


晋哀帝興寧3年(西暦365年)625日の夜、紫微夫人が天上界から楊羲(当時36歳の修行者)のもとに降臨した。夫人は、少女神女(13歳くらい)を連れてきた。少女の名前は、安の鬱姫。


少女の長い上着は朱色で、半身から裾に至って青く変わり、きらびやか。緑の刺繍のある帯を締め、そこには大小10個の鈴をつけている。その姿は、雲母が輝々とかがやくように、部屋中をきらきら光らせている。


美しい黒髪を、中央にととのった結い髪とし、余った髪は腰までさらさらと垂らしている。細くて白い指には金の指輪を、なよやかな腕には白玉を結んでいる。


紫微夫人は、少女神女・鬱姫について楊羲に問う、

「あなたはこのような姫さまにお会いになったことはありますか?」


楊羲答えて、

「心は尊く、気高く麗しい鬱姫さま。言葉で言い表すことはできません」


紫微夫人は、笑って、

「それでは。あなたのものに、してしまったらどう?」


突然のお言葉に、楊羲は答えることはできなかった。


当の少女神女・鬱姫は、ずっと黙っていた。手の内には3つのナツメの実を握っており、1つを楊羲に、1つを紫微夫人に、残る1つを自分に残して、皆に食べるように言った。


食べ終わると鬱姫は、楊羲に年齢と生まれ月を尋ね、さらに、


「あなたの師である女真(女の仙人)南夫人から、あなたの事は久しく聞いています。思いがけなく今夜、このようにして出会ったのですから、あなたとは末永く添い睦み合っていきたい」と言う。


楊羲は答えて、

「俗世間に沈んで溺れ、骨の髄まで塵にまみれる我が身です。貴女の教えの言葉で、どうか私の闇を払っていただければ、無上の喜びです」


鬱姫いわく、

「そのような仮そめに飾った言葉を、何やかやとしゃべらないでください」、と、しばらく黙ってから、

「これからあなたに詩を贈るので、あなたはそれを筆で書きとめなさい」


楊羲は、急いで筆と紙を用意した。


鬱姫の口からは次のような言葉が、


<次回に続く>


【写真】山形新幹線(米沢福島)SONY DSC-RX0


e0022344_14321812.jpg

e0022344_14323020.jpg













by kugayama2005 | 2019-07-30 00:29 | 2019日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005