2019年 08月 06日 ( 1 )

◾️額田王=薬剤師

◾️柿本人麻呂=採鉱技師


薬剤

天武天皇は体調を崩し、美濃の国から白朮(おけら=植物)を取り寄せ、処方している。白朮は胃薬となり、私見では天武天皇は胃がんだった疑いがある。


薬剤に対する関心は高く、正倉院には60種の薬物が納められたとするリストがある。そのうち現存するのは40種で、失われたものはどなたかが使ってしまったのだろう。


内訳:


植物性 28

動物性 8

鉱物性 23

不明 1


鉱物

上記内訳でみると、鉱物性の薬物も意外と多い。その中には、動物の化石がいくつも含まれている。したがって、鉱物や化石は、薬物としても(多く輸入されていたとしても)採掘されていたことになる。


天武天皇即位の年の9月に、対馬国で銀が産出された。国産第1号であるという。鉱物資源の発見は、大きな国家戦略事業だった。それは貴金属の天皇独占という意味もあるが、一方、薬剤の確保という側面もある。


【写真】湾ねこ SONY DSC-RX0  VCT-SGR1

e0022344_07394105.jpg












by kugayama2005 | 2019-08-06 04:15 | 2019日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005