2019年 08月 08日 ( 1 )

◾️天才詩人であるだけでその居場所を確保できるほど、官僚社会は甘くはない


◾️額田王=薬剤師

◾️柿本人麻呂=採鉱技師


額田王は、おおかたの解説者によって、美女とされている。それと同時に蛇巫女であるとすれば、どうしてもイメージが房中術と結びついてしまう。仙術への関心は、長寿や健康法、さらに房中術に及んでいる。


柿本人麻呂の官位が低かったのは、その家格が低かったからだろうか?  天武1311月に、新位階で柿本臣は、「朝臣」を賜っている(全52君臣の内の1)。その1ヶ月前、13公が最上位の真人を賜ったのに続く、第2位であるから、その柿本家が家格が低いとは言い難い。


万葉集で、「柿本朝臣人麻呂」と書かれているのは、日本書紀の「柿本臣が朝臣を賜った」という記事に準拠して推定したのではないか。つまり、朝臣を賜ったのは、いわば柿本本家であり、柿本人麻呂その人ではなかったと妄想してみる。


【写真】湾ねこ SONY DSC-RX0  VCT-SGR1

e0022344_07385430.jpg












by kugayama2005 | 2019-08-08 12:12 | 2019日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005