2019年 10月 02日 ( 1 )

【写真】桑名・七里の渡し跡 SONY DSC-RX0 桑名は、壬申の乱のおり、大海人皇子&うののさらら(後の天武&持統)が吉野を脱出、山越えし、逗留した場所。


大宝律令によって飛騨国は課役を免ぜられ(702年)、そのかわりに「飛騨の匠」を都に派遣することになっている。この制度は、律令に成文化される以前から行われていたのだろう。歴代朝廷の都市造営はもちろん、天皇の仮宮なども「飛騨の匠」が作ったに違いない。


おそらく伐採された材木は、木曽川などを筏で下り、河口近くの貯木場で管理された。


e0022344_16422046.jpg

e0022344_16402554.jpg
↑ 旧東海道の桑名宿本陣跡あたりは料亭街

















by kugayama2005 | 2019-10-02 23:55 | 2019日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005