久我山散人

kugayama05.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2017年 12月 ( 33 )   > この月の画像一覧


2017年 12月 31日

夢千夜一夜【第577夜】EOS 5DS R/EF400mm F5.6L USM

【第577夜】

学生時代の知り合いが偶然集まって、この際若返って読書会でもしてみようという流れになっている。できれば避けたいが、ただ懐かしい仲間なのでそうもいかないだろう。おそらく何かとても僕には難しい何かのジャンルで攻めようと言うことだが、中にはベストセラーを出している者もいるし、とにかく負担だということで自分の考えを言おうと思って、例えば菅原道真を読むにしても当時の摂関政治との対立のような既存の概念に沿って読んでも仕方がないので、何か獲得できる目標というか、まぁ最近はもっとかっこいい言葉で言うんだと思うけど、そういうのがないとちょっとなかなか苦しい作業をする意味があるのかどうかと思うけど、などと考えるが、律令国家が実験的に終わって中世が展開していく中で、天皇制も役割を変え、菅原道真の居場所がなくなったという説は面白いなと思う。


【写真】ジョウビタキ


e0022344_13491464.jpeg



by kugayama2005 | 2017-12-31 13:55 | 夢千夜一夜 | Trackback | Comments(10)
2017年 12月 30日

夢千夜一夜【第576夜】EOS 5DS R/EF400mm F5.6L USM

【第576夜】


自室の隅に机を置き、明窓浄机をうぬぼれていると、若い娘が三人、なにやらの大きなパネルを持って、蟹歩きにやってきた。今朝に発刊した新しい新聞の宣伝であるようで、女は口々にニャンニャニャンなどと唱えている。紙面にはロヒンギャの女性の写真と短信も掲載されていて、それなりになかなかなものだ。部屋にいた女性が、役割を交代でお願いしたいと言われて断ったけど良いのでしょうか、と、聞くのでそんな必要はないだろうと言うと彼女は安心したようだ。しかし真意は、ニャンニャニャンの若い娘におばんさんが加わっても宣伝が逆効果だろうという心もちなのだが、そこまで言っては身もふたもないと思った。


【写真】カワアイサ


e0022344_20245594.jpg



by kugayama2005 | 2017-12-30 20:23 | 夢千夜一夜 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 30日

夢千夜一夜【第575夜】EOS 5DS R/EF400mm F5.6L USM

【第575夜】


何かのイベントで、企画ものの宣伝車が街を走ってきた。ICBMを2本積んでいるような形で、人目を引くということに関しては成功している。どうやら紙で作った張りぼてのようだ。


【写真】カンムリカイツブリ


e0022344_14514836.jpg



by kugayama2005 | 2017-12-30 14:51 | 夢千夜一夜 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 30日

夢千夜一夜【第574夜】EOS 5DS R/EF400mm F5.6L USM

【第574夜】

ペーパークラフト展と言うのを見ていると、以前一緒に仕事をしたことのある女性が来て、実は彼女はその方のプロだということがわかった。その後、一緒に帰ることになって橋のたもとに来ると、大きな銀杏の木があるので感心して見ていると、散歩のご夫妻が来て一緒に木を愛でる。この近くの森には江戸時代以来の大きな杉が何本もあったんですけどそれは斬られてしまいました、と私が言うと、木は貴重ですねなどと答える。橋を渡っていくとそこは川になっており、川の堤を行くと海に続いている。浅瀬をずっとたどって帰ろうとするが、潮が満ちてきてどちらの方が浅瀬なのかわからない。そこで大体波の形の様子を見て、直角に曲がり歩いて行くが、波が高くなってきている。海が黒ずんで、腰のあたりまで水が来てしまい、最後は飛沫が肩にかかる程だが岸についた。私の元同僚と夫婦連れの奥さんは私の後に付いてきていたが、夫婦連れの夫のほうが見えないので、彼女は気にして探している。おそらくまっすぐ行ったのだろう。


【写真】ジョウビタキ


e0022344_00085269.jpg



by kugayama2005 | 2017-12-30 00:08 | 夢千夜一夜 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 29日

夢千夜一夜【第573夜】EOS 5DS R/EF400mm F5.6L USM

【第573夜】

峠道、広重の小夜の中山のような、尾根の一本道。左側はいっそう深い谷で、古来より何人のひとが落ちてしまったか。その道は、私の家を通って行くので、知らない人が次々と玄関横に現れる。途中の坂道の見える道端の枯れ草の上に寝て、通行人をながめる。


【写真】トビ


e0022344_16215913.jpg



by kugayama2005 | 2017-12-29 16:21 | 夢千夜一夜 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 28日

夢千夜一夜【第572夜】iPon

【第572夜】

長椅子に座っていると、自称蛇捕り女という人がやってきて、コーヒーをご馳走になる。


【写真】人間椅子/ヤン・シュヴァンクマイエル  画  2007


e0022344_14082409.jpg


by kugayama2005 | 2017-12-28 18:07 | 夢千夜一夜 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 27日

夢千夜一夜【第571夜】iPon

【第571夜】

三国志の武将が何人か集まっている。命は助かるのだろうか。旅に死するはおのこなりけり、などと公家のように話している。


【写真】人間椅子/ヤン・シュヴァンクマイエル    2007


e0022344_13580914.jpg



by kugayama2005 | 2017-12-27 18:05 | 夢千夜一夜 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 26日

夢千夜一夜【第570夜】iPon

【第570夜】

アルコールランプで湯を沸かし、ゆで卵を4個作る。火は止めたはずだが、何故か周りのものに移って燃えている。押し消すが、電子機器などの表面も燃えている。濡れた布を押し付けるとヂッといって消える。ゆで卵を取り出したところ、それがみな板に挟まってぺたんこになってしまった。その姿を見て笑っていると、ゆで卵がドッグレースの賭けになっていることを思い出して回収しようとしながら、当たれば300万円儲かると思う。


【写真】人間椅子/ヤン・シュヴァンクマイエル    2007


e0022344_06572977.jpeg



by kugayama2005 | 2017-12-26 07:00 | 夢千夜一夜 | Trackback | Comments(2)
2017年 12月 25日

夢千夜一夜【第569夜】iPon

【第569夜】

高層ビルから眺めると、向こうのビルの屋上から大きな月と煙が立ちのぼっている。近くを見ると、地上近くで宇宙飛行士が四人、宇宙遊泳をしている。上から写真を撮る。アクリル絵の具のような、透明な色彩感。


【写真】拓本で見る中国書道史  殷~唐/天来書院  1997


e0022344_03471699.jpg



by kugayama2005 | 2017-12-25 06:22 | 夢千夜一夜 | Trackback | Comments(3)
2017年 12月 24日

夢千夜一夜【第568夜】iPon

【第568夜】


仕事中、腹がへって何か食べておきたいと思う。今食べなければ、一日ほぼ絶食になってしまう。地下に降りると、いくつもの売店があるが昼食時が終わっているので何も食べものは見当たらない。ふと見ると、揚げポテトが2セットだけに残っているので一つ買う。150円だ。お金を探すが、見つからない。ともかく食べる。


【写真】拓本で見る中国書道史  殷~唐/天来書院  1997


e0022344_08241081.jpg



by kugayama2005 | 2017-12-24 08:13 | 夢千夜一夜 | Trackback | Comments(0)