嵐のなごり風ばかりべうべうと吹いて、黒雲が北の方角へすっとんでいく朝。そこへいきなり日が昇ったとみえて、雲塊が薔薇色に染まりました。吉兆。本日発売、これをここ一ヶ月待っていた、その甲斐はありました。このCDを目標にまいりました「女ジャピ」ですが、これよくなかったらどうしよう。そういう不安を一気にふっしょくしてくれる千尋様のいつも以上の意地悪そうなニット笑いに、大満足!
山中千尋HP:http://www.chihiroyamanaka.com/
<ブログ内リンク:山中千尋「Living Without Friday」
<ブログ内リンク:山中千尋・22日NHK
<ブログ内リンク:山中千尋「マドリガル」

山中千尋「アウトサイド・バイ・ザ・スウィング」(女ジャピ14)_e0022344_02959.jpg
# by kugayama2005 | 2005-09-08 00:02 | ♪音楽の楽しみ(女性JazzPiano) | Trackback | Comments(1)
陰影。まだ暗い明け方このCDを聴いていたら、京都から丹後への途上、夜久野あたりの古道を走る幻が突然あらわれた。特にそのあたりに縁があるわけではないが、都を去りゆく時、山辺につつましくも美しくたちあらわれる村々の風景は忘れがたい。これはいわゆるフリージャズ風味なのだけれど、その陰影はモノクローム。彼女の希有な感性にふかく共鳴する。

加納美佐子「Breakthrew」(女ジャピ13)_e0022344_441169.jpg
# by kugayama2005 | 2005-09-07 04:40 | ♪音楽の楽しみ(女性JazzPiano) | Trackback | Comments(0)
はっきり言って惚れてる。パウダーブルー!好きだぜ。きみとパウダーブルーになりたい、なんちって。突然ですが清少納言ってすごいと思いませんか。「春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは、少しあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる」。Powder Blue聴いているうちになぜか急に清少納言を、思いました。キュートにしてクール、いとをかし。ちなみに大野智子の夫は味噌汁が大好きな米国人です、いとをかし。ついでにうんちく、清少納言の読み方は「せい・しょうなごん」ですよ。

大野智子「Powder Blue」(女ジャピ12)_e0022344_0101361.jpg
# by kugayama2005 | 2005-09-06 00:10 | ♪音楽の楽しみ(女性JazzPiano) | Trackback | Comments(0)
ガッコで数学を専攻しているうちジャズピアニストになってしまったらしい。“小学生でビバップしてた”という天才少女がふつうのこの世界では、ちょっとワシントン条約。音的にはラウンジ臭が抜けないんですが、とってもカワイイです、見た目はちょっとなまめいた生物でどきっ。
斉藤真理子HP:http://www1.odn.ne.jp/mariko-saitou/

斉藤真理子「So Many Stars」(女ジャピ11)_e0022344_3504465.jpg
# by kugayama2005 | 2005-09-05 03:51 | ♪音楽の楽しみ(女性JazzPiano) | Trackback | Comments(2)
弾きながら歌歌うは、そもそも若手女性ジャズピアノをちょっとまとめて聴こうということではじまったこのマイブームの埒外。“弾き語り”、食傷というか、ニーナの指紋というか。でもちょっとミチコリコ聴きたくなった。ミチコリコは断然「善なる人」なのであります。なにか特殊な工学の世界のヒトで、独自設計のスピーカーが博物館入りしているとかいう伝説。スピーカー鳴らすよりこの際自分が鳴っちゃえという大胆淑女、歌はおヘタ。・・・彼女に合いそうな曲は「お祭りマンボ」。あれをジャズって、ピキっと“語り”も入れたらすごいなきっと。舌噛む。
小川理子HP:http://www.riko-ogawa.net/

小川理子「Jazz A Mine」(女ジャピ10)_e0022344_6275943.jpg
# by kugayama2005 | 2005-09-04 06:27 | ♪音楽の楽しみ(女性JazzPiano) | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005