承前:

史料はいろいろあるが、ひとつは読み解く力のなさと、もうひとつは戸田茂睡という半隠棲者(同時代の西鶴や芭蕉との比較においても)に興味があって、茂睡中心に読んでいる。茂睡以外に重要な記述はもちろんあるが、茂睡のような江戸市中の声を反映した記録は少ない。

.

茂睡の情報源は下級武士の周辺だろう。堀田正俊(大老)の破廉恥な生活ぶりは、誇張され創作されている部分も多いとは思うが、それが江戸市中の声だったことは事実だろう。

.

また、河村瑞賢のように一般的には実力に秀でた実業家とされている英雄も、茂睡の筆にかかると大老の取り巻き坊主のひとりのなってしまう。

.

戸田茂睡についてここまでのすべては「戸田茂睡全集」/昭和44年/国書刊行会」によった。

季節は移る#iPon
2024日記【091】境界と自由973_e0022344_03391991.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

# by kugayama2005 | 2024-03-31 17:00 | 2024日記 | Trackback | Comments(0)

酒器彩々189

酒器彩々189

.

退蔵していた昨年のムカゴを食う。山芋本体はまだ芽吹いていないが、芋はどうなっているのか。掘って食ってみたい気もする。

.

iPon

酒器彩々189_e0022344_20073081.jpg













# by kugayama2005 | 2024-03-31 00:00 | 酒器彩々 | Trackback | Comments(0)

1684/貞享元年8月28日、江戸城内で「堀田(筑前守)正俊(大老)刺殺」という大事件。

.

そして翌1685/貞享2年に「将軍御成先で犬猫を繋がないよう命ず」という指示が出て、おそらく将軍直々のお達しで「生類憐みの令」諸令のさきがけだ。これは、将軍の御成先で「犬が将軍一行に噛み付いたら大変なことになる」と恐れた浅草観音知閑院寺領の代官が、犬を布袋に押し込んで浅草川(隅田川中流域の江戸側)に沈めてしまったという背景がある。

.

将軍綱吉の犬好きはすでに知れ渡っており、綱吉周辺の者は「捨犬、病犬、老犬を自分の屋敷に連れ帰り、死んだ場合は僧侶を呼んで弔いをした」と茂睡は書いている。

.

翌1686/貞享3年6月6日には、綱吉将軍の小姓伊東淡路守が閉門処分を受け、後に南部家にお預けとなった。その理由は、食いついてきた蚊を打ち殺したというもので、そのことが綱吉に知れて「鳥類畜類はもちろんのこと蚊や蚤も殺すべからず」という指示に違背しているからだ、と茂睡は書いている。まだこの頃は、周辺の者への諌めという色彩が濃いが、1687/貞享4年2月あたりから具体的な「生類憐みの令」諸令が現れ、江戸市中から全国へ禁令が広まっていく。

.

季節は移る#iPon
2024日記【090】境界と自由972 _e0022344_15074434.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

# by kugayama2005 | 2024-03-30 17:00 | 2024日記 | Trackback | Comments(0)

◼️ 戸田茂睡「御当代記」から

4「堀田筑前守正俊、刺殺さる」1684/貞享元年8月28日

ちょっとここで留意しておきたいのは、前述した堀田正俊(大老)の取り巻きに川村瑞堅がいることだ。茂睡は「川村瑞堅」と書いているが、一般的に「河村瑞賢」として知られる、ゼネコンと海運と商社を併せたような大事業を展開し、旗本にまでなった男と同一人物だろう。そしてうろんなことに、大坂淀川の氾濫後の治水事業(1683/天和3年)に河村瑞賢は実質的に関わっていくのだが、その事業の幕府側の責任者が稲葉石見守正休、すなわち堀田正俊(大老)を江戸城で刺殺した本人。

.

稲葉正休は現場視察を経て、淀川治水計画を策定したが、堀田正俊(大老)はおそらく納得できずにわざわざ河村瑞賢を現場(大坂)から呼び寄せ、正確な情報を知った。その結果、稲葉はお役御免になった。河村瑞賢は稲葉に付き従って、淀川視察に行っているので、稲葉と河村は工事の概要と予算について、おおむね同じ認識を持っていないとおかしい。情報の中心には河村瑞賢がいる。事実を知るのは河村だ。翌年に稲葉による堀田刺殺事件がおこる。

.

通常考えれば、刺殺された堀田の取り巻きである河村は避けるべき人物となり、事件後実権を握った徳川綱吉は河村瑞賢を遠ざけるのではないかと思うが、河村はますます事業を展開し幕府筋から称揚される。これはどうしても徳川綱吉、堀田正俊、稲葉正休、河村瑞賢のモザイクを並べてみたくなる。

.

↓ 河村瑞賢公園の立像(三重県度会郡南伊勢町東宮)

2024日記【089】境界と自由971_e0022344_02474405.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

# by kugayama2005 | 2024-03-29 17:00 | 2024日記 | Trackback | Comments(0)

◼️ 戸田茂睡「御当代記」から

4「堀田筑前守正俊、刺殺さる」1684/貞享元年8月28日

.

堀田筑前守正俊の取り巻き「さん馬、なな坊」(先述)の行状。

◼️「この者ども、上下を脱ぎ脇差を捨て、坊主は羽織を脱いで付け髭をして、若い女を呼び出し酌をさせ酒を飲む。盃を重ねて酔い、小唄を歌って踊り、立ち舞って相撲のごとく組み合い、身分も男女も関係ない前代未聞の無礼講」

◼️「この春の4月17日は東照宮の春の法要ということで、堀田正俊は品川の寺に予約して布施に行き、帰り道に狩野養卜の家に立ち寄って遊んだ。そこで『今すぐ生きた鯛を取り寄せろ』ということになり、芝の魚商が生簀からすくって来た。ついでだとばかりに芝浦の海に大網を降ろさせ、魚を浜辺に引き寄せて、われもわれもと魚をとって養卜の家でそれを料理し酒を飲む。養卜は絵描きだから接待させる人がおらず、品川から遊女を呼び寄せて給仕をさせる。(この17日は精進日であり)幕府の禄をはむ者なら船遊山さえ遠慮するというのに、執権である人が網を降ろさせ魚を食うとは、悪逆無道、天命も尽きるというもの(であり世の中としては結構なことだ)」と、茂睡先生非常な勢いで糾弾するのだが「このようなことはちょっとした悪逆であり、天下の騒動にまで発展するものではない」としながら、それ以上に剣呑な堀田筑前守正俊の政治的陰謀の存在を暗示するのだ。

.

季節は移る#iPon
2024日記【088】境界と自由970_e0022344_14295130.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

# by kugayama2005 | 2024-03-28 17:00 | 2024日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005