承前:

徳川綱吉の儒教政策も、武士階級を粛正ないしは粛清するのが目的で、綱吉は儒教を道具として使った。というのも、綱吉の心性は「能狂い」の方にあると思うからだ。儒教と「能」は両立しない。「能」は儒教から見れば「怪力乱神」世界で、仏教から見ても能でしばしば強調される「草木国土悉皆成仏」は日本で育まれた異端だ。

.

特に「悉皆成仏」は、一部の能作品の要素にもなっており、心あるもの(有情)<人や動物>だけではなく、心のないもの(無情)<草木や岩石>も、もともと悟りに向かう仏性を持っていると説く。

.

綱吉の「生類憐みの令」はおそらく「悉皆成仏」と関係がある。しかし、政治レベルで「草や石をいじめるな」とはなかなか言えないので、「動物愛護令」にとどまったのか。

.

綱吉は、犬の愛護に政治的意味も見出しているのだろう。というのは、当時「犬釣り」をして犬を捕獲し、「黒焼」にして売る連中がいて、一般人から甚だしく嫌悪されていたらしい。おおかたの人びとに嫌われる犬虐待を禁止するというのも、支持率上昇につながったと思う。

.

綱吉死去後、「生類憐みの令」は実効性を失ったにしても、犬食は日本から消えた。

.

季節は移る#iPon
2024日記【036】境界と自由917 _e0022344_16041833.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

# by kugayama2005 | 2024-02-05 17:00 | Trackback | Comments(0)

承前:

さらに出版産業の興隆がある。

.

西鶴は俳諧を離れて、出版企画にかけたのだ。俳諧は人を集めて参加費や評価料を取る手間がいるが、出版は売れればどんどん刷って累進的に金のなる木だ。

.

「好色一代男」や「日本永代蔵」が売れたのは、西鶴の商才による。西鶴をやたら偉大な文筆家として称揚するより、世相を捉えてあるときは煽り、あるときは怖がらせ、うまくくすぐり言い方は悪いが迎合もする、特異な、おそらく原初的な「都会人」として見るほうが実像に近いだろう。

.

少し乱暴に言えば、西鶴が幕府批判的な傾向を示すときでさえ、大坂民への迎合という節がある。迎合という表現が不適切なら、共感でもいいが、しかしそのことによって出版事業に悪影響があっては決してならぬ。西鶴「懐硯」では、道徳教訓的な数行を付け加えることで、批判をかわしているのだ。

.

西鶴の破格の享楽主義に、お上方面から具体的に圧力がかかったかどうかはわからないが、西鶴が江戸の人ならとっくに江戸払いになったろう。江戸幕府は大坂を経済都市として振興していたわけで、大いに繁栄するのは構わないのだ。

.
季節は移る#iPon
2024日記【035】境界と自由916 _e0022344_11222951.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

# by kugayama2005 | 2024-02-04 17:00 | 2024日記 | Trackback | Comments(0)

承前:

注意したいのは、西鶴の時代、つまり徳川綱吉の時代、将軍直々に能の振興をしたという事実だ。市中の謡曲愛好者が集まって、舞台としての能ではなく、語り乃至は朗読としての謡(謡講)というものも流行ったらしい。謡講(うたいこう)から浄瑠璃が派生したという説もあるようだ。

.

そういう背景から考えると、西鶴「懐硯」の冒頭で、ワキ役の「判山」が木魚を叩いて謡曲を謡う、という藪から棒の虚構を載せたのも、西鶴の機知というかサービス精神だったのかも知れない。

.

謡曲も口伝ではなく、「書かれたものを読む」ようになったわけだ。しかも公家や僧侶、武家ではなく、市中の商工民が「書かれたものを読む」楽しみに大挙して参加してきた。

.
季節は移る#iPon
2024日記【034】境界と自由915_e0022344_02391508.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

# by kugayama2005 | 2024-02-03 17:00 | 2024日記 | Trackback | Comments(0)

酒器彩々182

酒器彩々182
好物、ズッキーニ、金柑の粥。

酒器彩々182_e0022344_19144870.jpg











# by kugayama2005 | 2024-02-03 00:00 | 酒器彩々 | Trackback | Comments(0)

承前:

せっかくだから能舞台のシテとワキの関係を、わかりやすく見てみよう。

.

写真(無断拝借)は佐渡の薪能(天領佐渡両津薪能)で「三輪」が演じられているところ。シテ(主役)は「里女」(前半)実は「三輪明神」(後半)。ワキ(脇役)は大和三輪に庵を結ぶ僧(右端)。三輪明神が姿を現す場面。

2024日記【033】境界と自由914_e0022344_15123957.jpg
.
僧(右端)は立っているが、この後、三輪明神の神楽舞が始まるころには座る。座る場所はワキ座という。僧には「里女だった者が実は三輪明神」であったことがわかり、その姿も見える。僧は、この舞台に参加しているというより、脇から見ているだけだ。そしてつまり、観客は舞台の三輪明神が見えているが、それは僧の見た夢幻を通じて二次的に見ているにすぎない。




# by kugayama2005 | 2024-02-02 17:00 | 2024日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005