酒器彩々181

酒器彩々181

.

先週に続いて、今度は柿の葉粥を冥土の旅用につくってみた。でかい柿の葉だが、柿の葉寿司についていたもの。春になって桜餅が出たら、桜葉粥も良さげだし、何より蓬粥が食べたい。

.

#iPon

酒器彩々181_e0022344_02392671.jpg













# by kugayama2005 | 2024-01-28 00:00 | 酒器彩々 | Trackback | Comments(0)

承前:

1686年(貞享3年)/「近代艶隠者」

1687年(貞享4年)/「懐硯」

のふたつを見比べるというのは、重要だと思う。


このころ、実は大坂の繁栄にも翳りがみえ始める。経済力を背景に、色好みの文化が興隆し、旦那たちを含めて都会的な俳諧が流行したが、元禄に入る前に、景気は傾き始めた。

.

貞享5年、西鶴は「このごろの俳諧の風情、気に入り申さずゆえ、やめ申し候」。貞享5年秋、東山天皇に代位し元禄と改元した。

.

徳川綱吉将軍は皇室を尊重し、関係は改善する。しかし、経済政策は理解しておらず貨幣改鋳で失敗した。飢饉、地震、火山の噴火、大火などが起こり、元禄の次の宝永には極め付けの富士山噴火が起こる。

.

季節は移る#iPon
2024日記【027】境界と自由908 _e0022344_04134806.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

# by kugayama2005 | 2024-01-27 17:00 | 2024日記 | Trackback | Comments(0)

2024日記【026】境界と自由907


承前:西鶴の書簡は数通しか発見されていないらしいので、前後の真相は不明だが「このごろの俳諧の風情、気に入り申さずゆえ、やめ申し候」(適宜翻訳)は、相当深刻なことだろう。

.

西鶴は浄瑠璃はうまくゆかず、俳諧もやめた。「好色一代男」は大いに売れたものの、後続は好色の繰り返し。転機と見て「諸国物」「商い物」と企画を変えた。その過程で、西鷺軒橘泉/「近代艶隠者」/1686年(貞享3年)が西鶴の手で編集刊行される。

.

1687年(貞享4年)西鶴は、自著「懐硯」を刊行する。これはその前年の「近代艶隠者」への西鶴のアンサーだったと思う。西鶴は5年ぶりに現れて「艶隠者」になっていた友人(西鷺軒橘泉)に、強く共感したのだろう。さらに、その前後、命を縮める旅を繰り返し、俳句表現を磨き続ける松尾芭蕉への屈折した敬意もあるはずだ。

.
季節は移る#iPon
2024日記【026】境界と自由907_e0022344_14340416.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

# by kugayama2005 | 2024-01-26 17:00 | 2024日記 | Trackback | Comments(0)

承前:

西鶴の作を多く偽作と考えるひとの中には、「好色一代男」以外はすべて偽作とする評者もいるらしい。

.

そこで私が暗察するに、「好色一代男」は、後に西鶴が俳句と決別したことに関係しているのだ。

.

1675年(延宝3) 亡妻追善の「独吟一日千句」

1677年(延宝5) 一日一夜1,600句独吟(西鶴大句数)

1680年(延宝8) 4,000句独吟(西鶴大矢数)

1684年(貞享1) 住吉神社の境内で一日一夜23,500句独吟

1688年(貞享5) 西鶴書簡「このごろの俳諧の風情、気に入り申さずゆえ、やめ申し候」(適宜翻訳)

※書簡に日付なく研究者(野間光辰)の推定した成立年

※この1688年、宝井其角が大坂の西鶴を訪問している

.

ー続く

.
季節は移る#iPon
2024日記【025】境界と自由906 _e0022344_14334124.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

# by kugayama2005 | 2024-01-25 17:00 | 2024日記 | Trackback | Comments(0)

承前:

それで「近代艶隠者」。これは西鶴の作とするひとと、西鶴作のように偽ったもと考えるひとがいる。しかし、西鶴自身が序文に「(西鶴の友人)西鷺軒橘泉がこれを書き残した」とはっきり書いているのだから、まずは本文は西鷺軒橘泉のものとすべきだ。

.

西鷺軒橘泉は法体で諸国を行脚して、五年ぶりに大坂に帰り、時雨に風が入り混じる夜、西鶴邸に現れた。面だちは皺に覆われ、灯火に照らされる。しかし西鶴は「声は聴き慣れた橘泉の声だ」という。

.

橘泉は、旅の間に間に書いたという原稿を西鶴に渡す。西鶴はその「あらましを書いた」原稿をみて、編集者魂が燃え上がったのだろう。おそらく、相当筆を入れたと思われるが、あくまで西鷺軒橘泉の作だ。

.
季節は移る#iPon
2024日記【024】境界と自由905_e0022344_14324609.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

# by kugayama2005 | 2024-01-24 17:00 | 2024日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005