◼️ 戸田茂睡「御当代記」から

2「病馬を野に捨てたる者」1687/貞享4年2月27日

.

茂睡は「ハマグリ、シジミ、アサリは商売していいことになった。一方、生簀で飼っておいて売る生きたタイやスズキ、その他の魚の販売は禁止となった」と記録しているが、数日後のこの日には「訴訟となって貝類の商売の禁止は撤回されたが、一方コイ、フナ、ウナギなどすべての生簀商売はできなくなった。そのため捕獲した魚類はその場ですぐ殺して商うようになった」旨追記している。

.

気になるのは同時期、杉山杉風(松尾芭蕉の高弟で江戸芝の魚類問屋「鯉屋」主人)がどうなったかだが特に情報はない。芝には生簀もあり、料理屋で生簀の鯛などを調理していたようだ。しかし幕府のお達しがあくまで「生簀で活かした魚を商売するのがだめ」ということなので、江戸の漁師は水揚げ時に魚をシメてしまって禁令をくぐり抜けたわけだ。

.

町奉行所には膨大な訴訟事案の記録があったはずで、あるいは江戸城内で決済に関わった右筆のもとにも記録はあったと思うが、体系化されずに終わったとすると実に惜しいものだ。

.

季節は移る#iPon
2024日記【083】境界と自由965 _e0022344_14235497.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

# by kugayama2005 | 2024-03-23 17:00 | 2024日記 | Trackback | Comments(0)

◼️ 戸田茂睡「御当代記」から

2「病馬を野に捨てたる者」1687/貞享4年2月ころ

.

◼️「病馬を野に遺棄したものがあるとの告発があり、取調べの結果その通りだったので犯人は遠島になった。『この度は遠島であったが、重ねてこのような重罪をおかす者には刑罰を下す』ということだ。犬の件では、つがいの犬が春秋4匹の子犬を産み、その子犬がまた4匹の子を産めばこの春の2匹は、次の秋には152匹になる。こうなっては将来が保たないので、殺しなさいということになる。ところがそこであの人が『それは悪き心構えだ。どうして犬を殺せとおっしゃるのか。そのように犬が多くなれば、人が野山に暮らし、犬に家をあけ渡して雨露に濡れないようにいたしなさい。もしそうしない者がおれば犬の餌にしますぞ』とおっしゃる。ところで不思議なことがある。去年の秋は子犬がわんさかと生まれ、犬が育って大きくなり屯していたのだが、今年の春はかえって子犬が少ない。今年の春に犬が子犬が生まなかったわけではなかろう。困った人たちが密かに生まれたての子犬を殺して、庭に埋めたりしたのだ。近所の人はそれに気づいても『もっともなことだ。訴え出て犬の代わりに人を殺すわけにはいかない』と思って訴え出ないのではないか。(生類憐みの令は)御慈悲のようだが皆々困窮して、その御慈悲もかえって無慈悲となっているのは悪しき制度だからである」

..

※茂睡氏の計算だと犬が「152匹になる」というけれど「162匹」が正しいのでは。1627年「塵劫記」で「ねずみ算」が発表されています。

  •        春    秋   春   秋
  • 出生数 0      4       12      36     108
  • 累 計 2      6       18      54     162

  • 初期2匹×3ペア4乗=162
季節は移る#iPon
2024日記【082】境界と自由964 _e0022344_14213549.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

# by kugayama2005 | 2024-03-22 17:00 | 2024日記 | Trackback | Comments(0)

◼️ 戸田茂睡「御当代記」から

2「生きた魚鳥を商売しまじき」1687/貞享4年2月

◼️「生きた魚鳥を売り買いしてはならない。ガン、カモ、アオサギなどはもちろん、ウズラ、ヒバリなどの小鳥類の飼い鳥も売買を禁じる。唐雁、初雁などの全ての輸入鳥は、もし放せば食べ物に困るだろうから飼い置くべきだ。ニワトリやアヒルは飼うべきだが、卵を取らないでヒヨコに育て、他人に譲るべきだ。フナ、コイ、ウナギ、ドジョウやアワビ、サザエなどの生きている貝類も全て売買を禁じる。3月3日は『はまぐり節句』といって蛤を供えるので、方々から蛤舟が江戸へおびただしく集まって来ていて、彼らは『貝を売ってはいけないという御法度があるなんて全く知りません。節句をめざしておびただしい数のハマグリ、シジミ、アサリをとって着岸したところです。この貝を海中に放したとしても生き返らないと思います。そのうえこの貝を売って命をつないでいる津々浦々の人びとが、何千人もおります。急に職業を変えようにも難しく、元手を失えば妻子ともども非人になるしかありません。どうか着岸した貝を売り払えるようにしてください』と訴えたため『それでは3月3日と4日は商売してもよろしい』と(町役人は)言っていたが、このような方針ではたちまち漁師から餓死者も出ようし、江戸の貧民の日々の生活も成り立たないだろうと(の町役人の判断で)ハマグリ、シジミ、アサリは商売していいことになった。一方、生簀で飼っておいて売る生きたタイやスズキ、その他の魚の販売は禁止となった。

.

※まさに市場に流通せんとする貝類を、売買禁止にする役人と、売り捌かねばこまる漁師。現場の役人はすぐに結論を出せるものだろうか。禁止の町触れを出すのは町奉行だが、その上位には将軍ー大老がいて、町奉行はその決済が必要。

.

季節は移る#iPon
2024日記【081】境界と自由963 _e0022344_13561986.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

# by kugayama2005 | 2024-03-21 17:00 | 2024日記 | Trackback | Comments(0)

2024日記【080】境界と自由962


◼️ 戸田茂睡「御当代記」から

承前:

1「御当代(徳川綱吉の時代)になりて犬をおいたわりあそばされ候」1687/貞享4年2月/(続々々々々 ※以下の箇所が書かれたことに対する戸田茂睡の説明がないのでわかりにくいが、前半に「一」として犬政策の実態を記し。ここから後を更に「一」として書いていることから、前半にあげた事実に対して、茂睡の意見を述べた箇所と思われる)

.

◼️「上記のように幕府は仰っているが、私などは犬1匹飼うにも、自分の食事の食べ残しや落ちこぼれで養っているのだから、主なし犬に良い食事を食べさせていいのだろうか。主なし犬が飢えているからといって、一度家で餌を与えれば喜んでその家を離れない。なんとも犬の飼い主になることは迷惑で、仏事で上げた飯の残りなどがあっても、主なし犬に食わすことはしない。そうすると犬はますます飢えて、家の周辺の隙間をくぐり、あるいは地面を掘って食べ物を盗むのだ。そして人に噛みつき、捨子を食い殺すなど江戸中でおびただしい被害が生まれている」

.

季節は移る#iPon
2024日記【080】境界と自由962 _e0022344_09463464.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

# by kugayama2005 | 2024-03-20 17:00 | 2024日記 | Trackback | Comments(0)

◼️ 戸田茂睡「御当代記」から

承前:

1「御当代(徳川綱吉の時代)になりて犬をおいたわりあそばされ候」1687/貞享4年2月/(続々々々)

.

◼️「上記『もし粗末な調査をした者があれば、責任者に告発せよ』という責任者とは、町人の場合は町奉行、警固役の武士(番衆)ならば番頭、役職のない旗本御家人(小普請)ならば御留守居年寄というそれぞれの支配方のことだ。この犬対策の最高責任者(犬大支配役)は、喜多美(喜多見)若狭守(重政)だ」

.

※戸田茂睡の記録した犬大支配役の喜多見重政(1651〜1693)は、徳川綱吉の寵臣(側用人)で、急な出世を果たした。綱吉より5歳年少だが、犬保護という目玉施策を任されていることから、将軍との意思疎通は高度なものだったろう。喜多見は自国の喜多見藩(現:東京都世田谷区喜多見周辺)陣屋にも犬小屋をつくって野良犬を収容したらしい。ところが元禄2年(1689)、綱吉将軍は「職務怠慢」を理由に喜多見重政の所領を没収、桑名藩預けとして追放した。元禄6年(1693)、喜多見は餓死したという。簡易年表には「1692/元禄5年1月 喜多見村(現:東京都世田谷区喜多見)の犬小屋設置」と書いたが、喜多見重政が没収された領地跡は幕府の直轄地となり、改めて犬小屋が設置されたのだろう。

.

※戸田茂睡による喜多見(喜多美)若狭守重政の失脚の経緯は、次の通り。

◼️ 戸田茂睡「御当代記」から

「(元禄2年(1689)1月)20日過ぎごろ朝岡伊代守が狂乱し、喜多美茂平(若狭守重政の弟)を斬る。茂平は手負ながら刀を抜き合わせて受け流し、次の間に出ると、茂平の家来が朝岡伊代守を斬り殺した。朝岡伊代守の15歳になる息子がすぐ茂平の家来を討った。(という事件が報告され御目付ふたりが仮詮議をしていたところ)実は朝岡伊代守は『喜多美茂平は不届者につき一太刀あびせてやる』と言っていたが、喜多美茂平が逃げてしまったのでどこにいるからわからずともかく追って行ったところ、喜多美の家老が朝岡伊代守を斬殺し切腹してしまった。(事件の背景には、喜多美茂平が朝岡伊代守の長期不在中、朝岡邸を乗っ取り自分のものにしていたという事実があった。『朝岡伊代守狂乱』という嘘でごまかそうとしたのだ)

※喜多美茂平というのは喜多美(見)若狭守重政のグレた弟で、斬罪に処せられた。茂睡は2月2日の『喜多美若狭守重政の失脚は、この件の処分』と記している。松本清張が「栄落不測」という小説にしているらしい。

.

葛飾北斎 犬

2024日記【079】境界と自由961 _e0022344_07423469.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

# by kugayama2005 | 2024-03-19 17:00 | 2024日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005