◼️ 戸田茂睡「御当代記」から

.

1「天野五郎大夫を遠島」1687/貞享4年2月4日

◼️「天野は江戸城本丸の料理責任者で、その管理下にある井戸に猫が2匹も落ちて死んだのに気づかず、猫の死骸が毛も抜けて浮き上がったときに初めて見つけた」

※この記事を「生類憐みの令」との関係として読む人もいるが、そうではないだろう。将軍や賓客の食事に用いられる井戸水に、一定期間、猫の死骸がつかっていたわけだからスキャンダルで、故意であれば死罪でもおかしくないが、過失として遠島ということか。

※日付は旧暦

※内容はわかりやすいよう一部修文し現代語訳

.
季節は移る#iPon
2024日記【074】境界と自由956 _e0022344_02005427.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

# by kugayama2005 | 2024-03-14 17:00 | 2024日記 | Trackback | Comments(0)

承前:

戸田茂睡「御当代記」の記事の多くは、人事情報だ。仕官を見限っても、さらになお幕府の人事を追い回す姿は、とても遁世者のものではない。火事の記事も詳細をきわめ、消失した屋敷名を列挙している。どうやら、現場の役人の帳面を写させてもらっていたようだ。また、浅野内匠頭の殿中での抜刀事件など、刃傷事件の記録もたくさんある。戸田茂睡はもともと武闘派だったらしいので、興味津々なのだろう。

.

その合間に、巷で起きた不思議なできごと、痴情がらみの事件なども書き込んでいる。御政道批判では「生類憐みの令」が何度か対象になっている。茂睡の記事にあたる前に、「生類憐みの令」初期の時代の施策を整理してみると、

1 病人遺棄の禁止

2 捨子の禁止

3 病牛馬の遺棄の禁止

4 犬の保護令

5 商取引における魚鳥類の保護令

6 鉄砲所持の規制

と、先に見たように日本の現行法にも存在するもので、対象を犬だけに限定せず、全体として制度を考えるほうが良いと思う。

.

1687/貞享4年1月 病人、牛馬を捨てることの禁止

1687/貞享4年2月 犬の保護令 食用のための魚鳥類飼育の禁止

1687/貞享4年4月 捨子の禁止

1687/貞享4年10月 「生類憐れみの令」町触(江戸のみ?)

1687/貞享4年11月 鉄砲改め

<1688年秋に「元禄」へ改元>

,

季節は移る#iPon
2024日記【073】境界と自由955 _e0022344_01561071.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

# by kugayama2005 | 2024-03-13 17:00 | 2024日記 | Trackback | Comments(0)

承前

あえて前項について書くとすると、「鳥獣保護法」は、明治28年(1895)の「狩猟法」が先祖であって、その概略は以下の通り。

.

第一章 猟具猟法の定義/爆弾や固定銃(機関銃や機関砲)のような武器っぽいものの使用禁止/夜や市街地で猟しちゃだめ

第二章 狩猟するには免許が必要だぞ

第三章 保護が指定された(卵や雛を含む)鳥獣はとっちゃだめ

第四章 違反者には罰金か科料の罰則

.

「狩猟規則」(明治25年/1892)での保護鳥獣は「ツル、ツバメ、ヒバリ、シジュウカラ、ホトトギス、キツツキ、ムクドリなど」で、なぜそうなのかは不明。簡単に言えば、これ以外の鳥はなんでも獲っていいということ。つまり、狩猟規制のための法律に鳥獣保護を挿入しただけなので、昭和に入って中西悟堂氏らのもとで鳥獣保護の観点から法改正運動が展開された。

※器物として(刑法)、愛護対象(動物愛護法)、希少種保護(種の保存法)と、背景に狩猟法がある「鳥獣保護法」とが整合するだろうか。私が思うのは、「生類憐みの令」は奇妙な法律ではないということだが、ただ法文での定義は難しいだろうということ。つまり、「命とは何か」とういう定義と、「ニンゲンの命と、動物の命の違い」を確定しなければ、法文にはならない。

.

↓ 常田邦彦氏の作表「狩猟変遷の模式図」

2024日記【072】境界と自由954 _e0022344_02524918.jpg













# by kugayama2005 | 2024-03-12 17:00 | 2024日記 | Trackback | Comments(0)

承前:

「生類憐みの令」にいく前に現行法を見てみよう。

.

「刑法(261条)器物損壊」

【罰則】飼養されている動物を殺傷した場合、罰則は3年以下の懲役又は30万円以下の罰金。

.

「動物愛護管理法」

【罰則】愛護動物を殺し、又は傷つけた者は、5年以下の懲役又は500万円以下の罰金。愛護動物を虐待又は遺棄した者は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金。

※愛護動物とは、牛、馬、豚、めん羊、山羊、犬、猫、家兎、鶏、家鳩、家鴨。人が占有している動物で哺乳類、鳥類、爬虫類に属するもの。

.

「種の保存法」

【罰則】国内「希少野生動植物種」を捕獲、譲渡、輸出入等した違反者に対し、5年以下の懲役又は500万円以下の罰金。

※環境省は今年1月、国内希少野生動植物種に新たにリュウジンオオムカデ、ウスオビルリゴキブリ、ベニエリルリゴキブリの3種を加えると発表した。今回の追加を受けて国内希少野生動植物種は448種。「ムカデやゴキブリ類を捕まえて懲役?」という驚きの声もある。

.

「鳥獣保護法」

「鳥獣」は「鳥類又は哺乳類に属する野生動物」。ネズミ・モグラ類と海棲哺乳類も対象。

【罰則】1年以下の懲役又は100万円以下の罰金

※今年の正月に「故意に鳩を轢き殺した」容疑でタクシー運転手が逮捕された。どうやら鳥獣保護法違反容疑らしい。とすると「ネズミを轢いてしまった場合でも警察に届けなければいけないのか?」

.

季節は移る#iPon
2024日記【071】境界と自由953 _e0022344_01554075.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

# by kugayama2005 | 2024-03-11 17:00 | 2024日記 | Trackback | Comments(0)

簡易年表について若干の補足10

.

さて、今は戸田茂睡一般について考えるのではなく、綱吉の政策のうち現在に至るまで評価が定っていない「生類憐みの令」だけに限って、茂睡の記録するところを書いておきたい。

.

茂睡の基本的なスタンスは、批判だ。現代に至るまで、茂睡の「御当代記」の表現をあたかも自分で見てきたのごとく書き写している者がいるから、困るのだ。その内容が、江戸時代をどうしても「遅れた封建時代」にしたい明治政府や、昭和知識人によってプロパガンダ化された。

.

それはそれで現実なのだが、では現在の「動物愛護法」や「種の保存法」との関係で言って、「生類憐みの令」はそれほど突飛なことなのか。あるいは古代インドで生まれた徹底した不殺生の「ジャイナ教」は、とんでもない異端なのか、などと考えざるをえない。

.

ー続く

季節は移る#iPon
2024日記【070】境界と自由952 _e0022344_01522184.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

# by kugayama2005 | 2024-03-10 17:00 | 2024日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005