タグ:上原ひろみ ( 8 ) タグの人気記事

ボクははっきり言いたい。上原ひろみは、モーツァルト以来の天才だ。同時代に生きる幸せを享受したい!
 ありがとう!
  ただし(笑)
   ヤハマとのお付合いは、もういいんじゃない。

e0022344_21534081.jpg

e0022344_21553880.jpg

1. Deep into the Night
2. Time and Space
3. Time Control, or Contorlled by Time
4. Time Travel
5. Note from the Past
6. Double Personality
7. Time Out
8. Return of Kung-Fu World Champion
by kugayama2005 | 2009-04-17 21:54 | Trackback | Comments(2)
またまた嬉しい、上原ひろみのCDが今日発売になりました。ひろみ嬢(じゃないか結婚したんだった)の、フランク雑破傾向も悪くはないけど、やっぱりジャズ回帰してくださるとオヂさんは嬉しい。嬉しくて嬉しすぎる。仙台まで聴きに行った夜を思い出す、っぷ。・・・この三人はとっても合ってる。

e0022344_20231034.jpg

e0022344_20234161.jpg

ををっ、久しぶりに正統的なコード進行も聴いたような気がするが・・・このジャケ、色の出方は、カール・ツァイスじゃないか?、などなど。余計なことも考へる、けふこのごろ。

1.パラディグム・シフト
2.さくらさくら
3.シシリアン・ブルー
4.ティク・ザ・コルトレーン
5.スリー・ロング・ノーツ
6.いつか王子様が
7.イソトープ
8.ベース・フォーク・ソング No.5 & 6
9.グローバル・トウィーク
10.ソーラー
11.ブレイン・トレーニング
12.アンダー・ザ・ブリッジ
13.エルズ・トップ(ボーナス・トラック)
by kugayama2005 | 2009-04-15 20:22 | Trackback | Comments(0)
ビヨンド・スタンダード(初回限定盤)(DVD付)が発売日にあわせて届いていたので、ぜひこれを今日は聴きたかった。しかし、紆余曲折、なかなかそういう環境には至らなかったので、見るだけで終わりにしよう。これは(ジャズの)スタンダードを演じているらしい。週末にゆっくり聴くこととする。久々にあらわれた日本人の天才。ゆっくり聴いてみましょう。

e0022344_21231018.jpg

by kugayama2005 | 2008-05-29 21:25 | ♪音楽の楽しみ(女性JazzPiano) | Trackback | Comments(1)
天才の光臨はあっというまなのである。気がつかないうちになのである。はっと気づいた時にはそこにいる。そして次に気づいたときはもういないのだけれど・・・。

Uehara Hiromi/アナザー・マインド
2003/6/25
HIRO-UEHA001
e0022344_003925.jpg
1. XYZ
2. ダブル・パーソナリティ
3. サマー・レイン
4. ジョイ
5. 010101(バイナリー・システム)
6. トゥルース・アンド・ライズ
7. ダンサンド・ノ・パライーゾ
8. アナザー・マインド
9. トムとジェリー
by kugayama2005 | 2008-02-28 23:48 | CDの整理 | Trackback | Comments(9)
上原ひろみは浜松出身で、浜松といえばヤマハ、といえば音楽教室育ちなので、その縁でだろうけど当然そのピアノを使っている。ああ、他の○とか×とかいうピアノを使ってくれないだろうか。この曲を○とか×で聴きたい、と思うこともしばしばなのだけど、そこんとこヤマハさん心を大きく持ってよろしくお願いしますね。

Uehara Hiromi/アナザーワールド
2004/09/08
HIRO-UEHA002
e0022344_8185573.jpg
1. カンフー・ワールド・チャンピオン
2. イフ…
3. ウインド・ソング
4. ブレイン
5. デザート・オン・ザ・ムーン
6. グリーン・ティー・ファーム
7. キートーク
8. レジェンド・オブ・ザ・パープル・ヴァレー
by kugayama2005 | 2008-02-27 08:18 | CDの整理 | Trackback | Comments(9)
これにはリターン・オブ・カンフー・ワールド・チャンピオンのDVDがオマケについていて、それがまた素晴しい。ボクはスパイラルの日本ツァーで始めて上原ひろみのライブを聴いたのだけども、そのなかではリターン・オブ・カンフー・ワールド・チャンピオンが印象的というわけではなかったが、舞台映えのする曲なのだろう、DVDで見るととても楽しい。ステージではもっと地味な曲が心に響いた。

Uehara Hiromi/Spiral
2005/12/27
HIRO-UEHA003
e0022344_819050.jpg
1. スパイラル〈ミュージック・フォー・スリー・ピース・オーケストラ〉
2. オープン・ドア/チューニング/プロローグ
3. デジャ・ヴ
4. リヴァース
5. エッジ
6. 古城,川のほとり,深い森の中
7. ラヴ・アンド・ラフター
8. リターン・オブ・カンフー・ワールド・チャンピオン
9. ビッグ・チル
by kugayama2005 | 2008-02-26 08:19 | CDの整理 | Trackback | Comments(0)
昨日書いたように、ボクは上原ひろみはモーツァルト以来の天才が、何ゆえか日本の浜松に舞い降りたのだと確信している。しかしこのTime Controlに至って、はっきり言って付いて行けなくなったのだ。しかし、このアルバムがなんなのか、しっかり聴かねばなるまい。それも修行の一種かもしれない。

Uehara Hiromi/Time Control
2007/3/27
HIRO-UEHA004
e0022344_21284863.jpg

1. Time Difference
2. Time Out
3. Time Travel
4. Deep into the Night
5. Real Clock vs. Body Clock = Jet Lag
6. Time and Space
7. Time Control, Or Controlled by Time
8. Time Flies
9. Time's Up
by kugayama2005 | 2008-02-20 21:29 | CDの整理 | Trackback | Comments(0)
何といってモーツアルト以降降臨した天才である。最初に上原ひろみを見たときを思い出した。ボクは真の才能を見て仙台の街をあの夜さまよったのだった。なぜ仙台だったかというと東京で切符がとれないので仙台まで行ったから。メロディーのコラージュ。切って捨てる変拍子。杜の都の北の街角。・・・これは最新のアルバムだけどオマケに付いているDVDが嬉しい。繰り返し何時間でも見てしまうよ。全曲のDVDを出してほしいものだ。それにしても上原ひろみとチック・コリアは顔が似てる父娘みたいだね。

Uehara Hiromi/Chick & Hiromi
2008/01/30/UCCO
HIRO-UEHA005
e0022344_21243199.jpg

e0022344_21202929.jpg

CD1
1.ヴェリー・アーリー(ビル・エヴァンス)
2.ハウ・インセンシティヴ(A.C.・シ゛ョヒ゛ン他)
3.デジャヴ(上原ひろみ)
4.フール・オン・ザ・ヒル(シ゛ョン・レノン/ホ゜ール・マッカートニー
5.ハンプティ・ダンプティ(チック・コリア)
6. ボリヴァー・ブルース(セロニアス・モンク)
CD2
1.ウィンドウズ(チック・コリア)
2.古城、川のほとり、深い森の中(上原ひろみ)
3.サマータイム(G.&I.ガーシュウィン他)
4.PLACE TO BE(上原ひろみ)
5.ドーモ(チルドレンズ・ソング #12)(チック・コリア)
6. スペイン(チック・コリア)
2007年9月24-26日、ブルーノート東京にて
DVDは「フール・オン・ザ・ヒル」「スペイン」を収録
by kugayama2005 | 2008-02-19 21:20 | CDの整理 | Trackback | Comments(11)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005